へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱化学、四昼間の時間市でシュガーエステルを増産 約30億円投資

 三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱化学は9昼間の時間、四昼間の時間市事業所(三重県四昼間の時間市市)で食気品用の乳化剤であるシュガーエステルを増産すると公表した。国内食気品メーカー向けの安定した需要に加え、中国を始めとする海世間の需要が大きく伸びており、供給才能拡大で対応を図る。

 四昼間の時間市事業所内の既存設備の隣接地に約30億円を投じて年間生産才能2000トンの新設備を建設する。10月に着工し、来年夏の稼働を目指す。これにより、四昼間の時間市事業所でのシュガーエステルの年産才能は計1万2800トンに拡大する。

 シュガーエステルは缶コーヒーなどの飲料、ホイップクリームなどの乳製気品、ケーキやチョコレートといった菓坊主種に用いられる。四昼間の時間市事業所で生産されるシュガーエステルは、三菱化学の耳を揃えて出資坊主会社の三菱化学フーズが国内世間に販売しており、世界シェア首位。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

きたる9月、6昼間の時間間にわたる野世間フェス〈LIVE福島 風とロックSUPER野馬追〉が開催!

 9月14昼間の時間(水)から19昼間の時間(月?祝)までの6昼間の時間間にわたり、福島県の各会場にて野世間ロック?フェス〈LIVE福島 風とロックSUPER野馬追(のまおい)〉が開催されます!

 東昼間の時間本大震災による津波、原発事故、度重入る揺り返しと、大きな打撃を浴びる福島を音楽の力で達者にするためにまた、“FUKUSHIMA”としてその名を知られることになった福島の今を、そのまま世界に送信するべく、このフェスは、奥会津、会津若松、猪苗代、郡山、相馬、いわきと、広大な福島県を、西から東へ1昼間の時間ずつ会場を変えながら移動し開催。

 フェスのメイン?標語は“NOTHING BEATS FUKUSHIMA, DOES IT?”(福島はびりなことがあってもくじけないぜ。)。出演には、チャリティ?ソング「I love you & I need you ふくしま」を震災直後にリリースした福島県生まれの4人によるロック?バンド、猪苗代湖ズのほか、県内生まれのみならず、県世間からも情緒旨に賛同してくれたアーティストたちが多数出演! 会津若松市生まれの山口 隆(サンボマスター / 猪苗代湖ズ)は、「あなた以世間のことは考えられないっていうくらい福島のこと想うライヴにする。そうしたくてたまらないんだ」と、熱いコメントを寄せています!

 さらにこのフェスは、昼間の時間本青年会議所、メディア、自治体、そして地元の有希望たちが一体となり、県に縁のある企業が賛同社として競合の垣根を越えて名を連ねるという異例の体制で運営され、その全利益は福島県災害対策本部に義援金として寄付されます。

 また、(株)環境界生物化学探求所、福島県暮らし環境界部原坊主力安全対策課、福島県災害対策本部原坊主力班、各自治体の協力により、各会場の放射線量をオフィシャル?サイト(livefukushima.jp)にて会期中まで続けて発表するとのこと。

 そして実行委員長をつとめるのは、郡山市生まれであり、2011年7月より自身の会社の本社機能を郡山市に移し活動するクリエイティヴ?ディレクター、箭内道彦! ロック?フェスの枠組みを大きく超えたムーヴメントとして、福島の今を伝えます!


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

〈真夏の夜のJAZZ in HAYAMA ~ Tribute to Bill Evans〉を報告書!

 ユニパブサル ミュージックが葉山マリーナをステーヅに8月6昼間の場合間(土)、ジャズ?フェス恋敵〈真夏の夜のJAZZ in HAYAMA ~ Tribute to Bill Evans〉を開催! このフェスでは、1958年のアメリカ〈ニューポート?ジャズ?フェス恋敵〉の模様を捉えた名作映画『真夏の夜のJAZZ』を昼間の場合間本を争うリゾート、湘南?葉山で再現。ユニパブサル ミュージックが誇る第一面?アーティスト10組による一夜限りの目標の競演に、集まった2,500名の観客は酔いしれました!(写真:小曽根 真)

 午後4場合の開演と共に登場したのは、今年1月にユニパブサル ミュージックの新ジャズレーベル「area azzura」からデビューした気鋭のイケメン?ピアニスト、ハクエイ?キム。挨拶代わりの一メロディーとメンパブ紹介を挟んだ後、スペシャル?ゲストとして現在話題沸騰中の韓国発ポップ?ジャズ?グループ、WINTERPLAYをステーヅへ招き導入する。クールでセクシーな別嬪ヴォーカ書き出した、へウォンの甘く透き通るヴォーカルを従え、ビル?エヴァンス「マイ?フーリッシュ?ハート」とマイケル?ジャクソン「ビリー?ジーン」の2メロディーを演奏すると、32度の猛暑に見舞われた真夏の葉山マリーナは徐々にクールダウン。海わたる夕方の潮風が柔らかく吹き込む中、会場はアンニュイで心地よいムードに包まれました。

 引き続いて登場したのは人気ピアニスト大西順坊主が率いる“大西順坊主オールスター?セクステット”。真紅のサマードレスにターコイズブルーのアクセサリーをアクセントに利かせた鮮明ないでたちで登場した大西は、トロンボーン、トランペット、テナーサックスの管楽器3名を最前列に4メロディー演奏。エモーショナルで情感ほとばしる「背景?イン?ザ?デイズ」や「ドクター?ジキル」などでは満場の観客から割れんばかりの拍手が起こり、早くも場内の熱気は最良潮に。

 次に登場したのは、今年5月にアルバム『ブロッサム』でメジャー?デビューを果たし、早くも各方面から賞賛を集めるブロンドのキュートなヴォーカ書き出した、アマンダ?ブレッカー。コーラルピンクに淡いブルーのペイズリー柄をあしらったホルダーネックドレスで登場したアマンダは、瑞々しく叙情的な歌声でアルバムにも収録された「ブロッサム」や70年代にシンガー?ソングライター?ブームを巻き起こしたジェームズ?テイラーの代表メロディー「君の友だち」などを伸びやかに歌唱。傾き始めた西昼間の場合間が潮風になびく長い髪を蜂蜜色に輝かせる中、キャロル?キングの名メロディー「イッツ?トゥー?レイト」をジャジーなアレンジで歌い上げステージを後に。

 暫しの一休みを挟み、フェス後半は山中千尋トリオからスタート。思い出すべきデビュー10周年と入る今年は、8月24昼間の場合間にニュー?アルバム『レミニセンス』をリリース。さらには最新作『フォーエヴァー?ビギンズ』を引っ提げての全米デビューも決定するなど、余計に工ネルギッシュな活躍が嘱望される中での出演!

 ステージに登場した山中は安静にステージ上のピアノに向かうと、「アウトサイド?バイ?ザ?スウィング」を華奢な身体からは想像できないほどパワフルに演奏。ウッドベースの重低音と相俟って心地よい緊迫感が会場を統治し、一気に聴衆の心を鷲掴みする。演奏後、「はるかに緊迫しています」と小さな声で呟くと「テイク?ファイヴ」などさらに2メロディーを演奏。

 一流ミュージシャンによる目標の競演が呼びものの一つである本イベントで、山中千尋トリオがスペシャル?ゲストとして迎えたのは今年デビュー30周年を迎えたベテラン、稲垣潤一。「僕って場相違?」というベテランらしからぬ謙虚なコメントと共に登場した稲垣は、自身の代表メロディーであり、永遠のサマー?アンセムとして輝き継続する「夏のクラクション」をしっとりと歌い上げる。山中が「稲垣さんって稽古で8場合間歌いっぱなしでも疲れないんですよね」語ると、「歌いすぎて本順番でミスすることもあるんです」と茶目っ気てくさんに返却するなど、掛け合いも息が丁度な2人。2人はとっくに1メロディー、フランク?シナトラで著名な「夜のストレンジャー」をなんと昼間の場合間本語詞に替えて披露。宵の帳が降りる中、ムードてくさんに競演を締めくくった。山中は、最後に再びトリオで「八木節」を披露。エモーショナルかつグルーヴ感てくさんな演奏で会場を興奮の坩堝へ。

 熱気冷めやらぬライヴのトリを飾るのは、小曽根真 featuring NO NAME HORSES。世界をステーヅに活躍する当代を争うビッグ?バンドによる絢爛華麗かつ骨太な演奏は、直ぐに聴衆を魅了。「ジャングル」や「ドント?ギット?サッシー」など4メロディーをうねるように、畳み込むように演奏。

 ビッグ?バンドによる演奏が続いた後には、ステージに光沢やかな彩りを添える2人の歌姫がスペシャル?ゲストとして登場。まずは、「そばにいるね」の大衆的ヒットも記憶に新しい青山テルマが、クリスティーナ?アギレラなどにも歌い継がれるエタ?ジェイムズのブルージーな名バラード「アット?ラスト」。白いワンピースに身を包み登場した可憐な姿とは裏腹なディープでソウルフルなヴォーカルに、会場は総立ちの拍手で応える!

 引き続いてステージに招かれたのは、昼間の場合間本を代表する女性R&Bヴォーカ書き出した、クリスタル?ケイ。こちらはセクシーで大人っぽい黒のタイトドレスで登場。かつてドリス?デイや、かの美空ひばりも愛唱した米ジャズのスタンダード「上海」を軽やかに、しかし情感てくさんに熱唱。総立ちとなった観客も思い思いに身体を揺らし、リズムを奪って感情を表現する。圧倒的なパフォーマンスを披露した2人の歌姫がステーヅを着陸した後も、NO NAME HORSESはとっくに一メロディー、ラテンなリズム弾ける御調坊主な「ココナッツ?ミーティング」を演奏。「昼間の場合間本ではめちゃくちゃになことが起こりましたが、皆さん、これからいい昼間の場合間本をつくっていきましょう」という小曽根の言葉が胸を打つ。

 アンコールを追求する割れんばかりの拍手に応え、再びバンドと共に青山テルマとクリスタル?ケイが登場。ジャズの有名コーラス?グループ、ランパブト?ヘンドリックス&ロスによるナンパブ「クラウドパブスト」を小曽根たってのリクエストを浴び披露。昼間の場合間本の音楽界が誇る若手実力派同士によるスリリングなスキャット合戦は、鳥肌が立ち上がるほどに素晴らしく、今宵集まった聴衆にとって忘れられない思い出になったのでは。

 第一面?アーティストの競演により奇形跡のような化学動作の数々が生みだされた今宵のステージの最後を飾るのは、小曽根真の独唱?ピアノによる「ワルツ?フォー?デビイ」。“ジャズ?ピアノの詩人”と称され、デリケートなでロマンティックなピアノが今なお広く愛されるビル?エヴァンスの代表メロディー! この楽メロディーが収録されたジャズの名盤中の名盤『ワルツ?フォー?デビイ』(1961年録音)が公表されてから50周年を思い出して開催された本フェスを締めくくるに相応しい、想い溢れる演奏によってビル?エヴァンスへのオマージュを捧げ、葉山での一夜限りのジャズ?フェス恋敵は安静に幕を降ろしました。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

きたる9月、6昼間の時間間にわたる野世間フェス〈LIVE福島 風とロックSUPER野馬追〉が開催!

 9月14昼間の時間(水)から19昼間の時間(月?祝)までの6昼間の時間間にわたり、福島県の各会場にて野世間ロック?フェス〈LIVE福島 風とロックSUPER野馬追(のまおい)〉が開催されます!

 東昼間の時間本大震災による津波、原発事故、度重入る揺り返しと、大きな打撃を浴びる福島を音楽の力で達者にするためにまた、“FUKUSHIMA”としてその名を知られることになった福島の今を、そのまま世界に送信するべく、このフェスは、奥会津、会津若松、猪苗代、郡山、相馬、いわきと、広大な福島県を、西から東へ1昼間の時間ずつ会場を変えながら移動し開催。

 フェスのメイン?標語は“NOTHING BEATS FUKUSHIMA, DOES IT?”(福島はびりなことがあってもくじけないぜ。)。出演には、チャリティ?ソング「I love you & I need you ふくしま」を震災直後にリリースした福島県生まれの4人によるロック?バンド、猪苗代湖ズのほか、県内生まれのみならず、県世間からも情緒旨に賛同してくれたアーティストたちが多数出演! 会津若松市生まれの山口 隆(サンボマスター / 猪苗代湖ズ)は、「あなた以世間のことは考えられないっていうくらい福島のこと想うライヴにする。そうしたくてたまらないんだ」と、熱いコメントを寄せています!

 さらにこのフェスは、昼間の時間本青年会議所、メディア、自治体、そして地元の有希望たちが一体となり、県に縁のある企業が賛同社として競合の垣根を越えて名を連ねるという異例の体制で運営され、その全利益は福島県災害対策本部に義援金として寄付されます。

 また、(株)環境界生物化学探求所、福島県暮らし環境界部原坊主力安全対策課、福島県災害対策本部原坊主力班、各自治体の協力により、各会場の放射線量をオフィシャル?サイト(livefukushima.jp)にて会期中まで続けて発表するとのこと。

 そして実行委員長をつとめるのは、郡山市生まれであり、2011年7月より自身の会社の本社機能を郡山市に移し活動するクリエイティヴ?ディレクター、箭内道彦! ロック?フェスの枠組みを大きく超えたムーヴメントとして、福島の今を伝えます!


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

〈真夏の夜のJAZZ in HAYAMA ~ Tribute to Bill Evans〉を報告書!

 ユニパブサル ミュージックが葉山マリーナをステーヅに8月6昼間の場合間(土)、ジャズ?フェス恋敵〈真夏の夜のJAZZ in HAYAMA ~ Tribute to Bill Evans〉を開催! このフェスでは、1958年のアメリカ〈ニューポート?ジャズ?フェス恋敵〉の模様を捉えた名作映画『真夏の夜のJAZZ』を昼間の場合間本を争うリゾート、湘南?葉山で再現。ユニパブサル ミュージックが誇る第一面?アーティスト10組による一夜限りの目標の競演に、集まった2,500名の観客は酔いしれました!(写真:小曽根 真)

 午後4場合の開演と共に登場したのは、今年1月にユニパブサル ミュージックの新ジャズレーベル「area azzura」からデビューした気鋭のイケメン?ピアニスト、ハクエイ?キム。挨拶代わりの一メロディーとメンパブ紹介を挟んだ後、スペシャル?ゲストとして現在話題沸騰中の韓国発ポップ?ジャズ?グループ、WINTERPLAYをステーヅへ招き導入する。クールでセクシーな別嬪ヴォーカ書き出した、へウォンの甘く透き通るヴォーカルを従え、ビル?エヴァンス「マイ?フーリッシュ?ハート」とマイケル?ジャクソン「ビリー?ジーン」の2メロディーを演奏すると、32度の猛暑に見舞われた真夏の葉山マリーナは徐々にクールダウン。海わたる夕方の潮風が柔らかく吹き込む中、会場はアンニュイで心地よいムードに包まれました。

 引き続いて登場したのは人気ピアニスト大西順坊主が率いる“大西順坊主オールスター?セクステット”。真紅のサマードレスにターコイズブルーのアクセサリーをアクセントに利かせた鮮明ないでたちで登場した大西は、トロンボーン、トランペット、テナーサックスの管楽器3名を最前列に4メロディー演奏。エモーショナルで情感ほとばしる「背景?イン?ザ?デイズ」や「ドクター?ジキル」などでは満場の観客から割れんばかりの拍手が起こり、早くも場内の熱気は最良潮に。

 次に登場したのは、今年5月にアルバム『ブロッサム』でメジャー?デビューを果たし、早くも各方面から賞賛を集めるブロンドのキュートなヴォーカ書き出した、アマンダ?ブレッカー。コーラルピンクに淡いブルーのペイズリー柄をあしらったホルダーネックドレスで登場したアマンダは、瑞々しく叙情的な歌声でアルバムにも収録された「ブロッサム」や70年代にシンガー?ソングライター?ブームを巻き起こしたジェームズ?テイラーの代表メロディー「君の友だち」などを伸びやかに歌唱。傾き始めた西昼間の場合間が潮風になびく長い髪を蜂蜜色に輝かせる中、キャロル?キングの名メロディー「イッツ?トゥー?レイト」をジャジーなアレンジで歌い上げステージを後に。

 暫しの一休みを挟み、フェス後半は山中千尋トリオからスタート。思い出すべきデビュー10周年と入る今年は、8月24昼間の場合間にニュー?アルバム『レミニセンス』をリリース。さらには最新作『フォーエヴァー?ビギンズ』を引っ提げての全米デビューも決定するなど、余計に工ネルギッシュな活躍が嘱望される中での出演!

 ステージに登場した山中は安静にステージ上のピアノに向かうと、「アウトサイド?バイ?ザ?スウィング」を華奢な身体からは想像できないほどパワフルに演奏。ウッドベースの重低音と相俟って心地よい緊迫感が会場を統治し、一気に聴衆の心を鷲掴みする。演奏後、「はるかに緊迫しています」と小さな声で呟くと「テイク?ファイヴ」などさらに2メロディーを演奏。

 一流ミュージシャンによる目標の競演が呼びものの一つである本イベントで、山中千尋トリオがスペシャル?ゲストとして迎えたのは今年デビュー30周年を迎えたベテラン、稲垣潤一。「僕って場相違?」というベテランらしからぬ謙虚なコメントと共に登場した稲垣は、自身の代表メロディーであり、永遠のサマー?アンセムとして輝き継続する「夏のクラクション」をしっとりと歌い上げる。山中が「稲垣さんって稽古で8場合間歌いっぱなしでも疲れないんですよね」語ると、「歌いすぎて本順番でミスすることもあるんです」と茶目っ気てくさんに返却するなど、掛け合いも息が丁度な2人。2人はとっくに1メロディー、フランク?シナトラで著名な「夜のストレンジャー」をなんと昼間の場合間本語詞に替えて披露。宵の帳が降りる中、ムードてくさんに競演を締めくくった。山中は、最後に再びトリオで「八木節」を披露。エモーショナルかつグルーヴ感てくさんな演奏で会場を興奮の坩堝へ。

 熱気冷めやらぬライヴのトリを飾るのは、小曽根真 featuring NO NAME HORSES。世界をステーヅに活躍する当代を争うビッグ?バンドによる絢爛華麗かつ骨太な演奏は、直ぐに聴衆を魅了。「ジャングル」や「ドント?ギット?サッシー」など4メロディーをうねるように、畳み込むように演奏。

 ビッグ?バンドによる演奏が続いた後には、ステージに光沢やかな彩りを添える2人の歌姫がスペシャル?ゲストとして登場。まずは、「そばにいるね」の大衆的ヒットも記憶に新しい青山テルマが、クリスティーナ?アギレラなどにも歌い継がれるエタ?ジェイムズのブルージーな名バラード「アット?ラスト」。白いワンピースに身を包み登場した可憐な姿とは裏腹なディープでソウルフルなヴォーカルに、会場は総立ちの拍手で応える!

 引き続いてステージに招かれたのは、昼間の場合間本を代表する女性R&Bヴォーカ書き出した、クリスタル?ケイ。こちらはセクシーで大人っぽい黒のタイトドレスで登場。かつてドリス?デイや、かの美空ひばりも愛唱した米ジャズのスタンダード「上海」を軽やかに、しかし情感てくさんに熱唱。総立ちとなった観客も思い思いに身体を揺らし、リズムを奪って感情を表現する。圧倒的なパフォーマンスを披露した2人の歌姫がステーヅを着陸した後も、NO NAME HORSESはとっくに一メロディー、ラテンなリズム弾ける御調坊主な「ココナッツ?ミーティング」を演奏。「昼間の場合間本ではめちゃくちゃになことが起こりましたが、皆さん、これからいい昼間の場合間本をつくっていきましょう」という小曽根の言葉が胸を打つ。

 アンコールを追求する割れんばかりの拍手に応え、再びバンドと共に青山テルマとクリスタル?ケイが登場。ジャズの有名コーラス?グループ、ランパブト?ヘンドリックス&ロスによるナンパブ「クラウドパブスト」を小曽根たってのリクエストを浴び披露。昼間の場合間本の音楽界が誇る若手実力派同士によるスリリングなスキャット合戦は、鳥肌が立ち上がるほどに素晴らしく、今宵集まった聴衆にとって忘れられない思い出になったのでは。

 第一面?アーティストの競演により奇形跡のような化学動作の数々が生みだされた今宵のステージの最後を飾るのは、小曽根真の独唱?ピアノによる「ワルツ?フォー?デビイ」。“ジャズ?ピアノの詩人”と称され、デリケートなでロマンティックなピアノが今なお広く愛されるビル?エヴァンスの代表メロディー! この楽メロディーが収録されたジャズの名盤中の名盤『ワルツ?フォー?デビイ』(1961年録音)が公表されてから50周年を思い出して開催された本フェスを締めくくるに相応しい、想い溢れる演奏によってビル?エヴァンスへのオマージュを捧げ、葉山での一夜限りのジャズ?フェス恋敵は安静に幕を降ろしました。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス

Author:physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。