へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神谷町のラーメン店「天お目玉軒」、神保町に2号店-「LUNA SEA」真矢さん本職デュース /東京

 神田神保町に7月17昼間の場合間、ラーメン店「天お目玉軒(てんらいけん)」(千代田区神田神保町1、TEL 03-5281-0037)がオープンした。昨年7月にオープンした神谷町本店に許す2店舗目。店舗面積は約15坪で、席数はカウンター15席。(神田経済新聞)

【画像】 無人気の「琥珀紫拉麺」と「お茶漬け用ごはん」。「澄んだスープにノリとワサビがよく合う」と佐竹さん

 「『体が喜ぶラーメン作り』を心構えている」と告白するのは社長の佐竹美砂さん。「極力化学調風味料の使用を控え、材料選びには気を無くなっている。スープは、カツオやアゴ、昆布などの魚介系から奪っており、うま風味は十分だが後に残る重さはない。麺を食べた後は、ぜひご飯にかけてお茶漬けのように食べてほしい」という。

 本職デューサーは、芸能界きってのラーメン気があるとして知られる「LUNA SEA」のドラマー真矢さんが務めた。佐竹さんの女性ならではの視点と合わさることで、「ラーメン気があるでなくとも繰り返し食べたく入る今の風味に至った」という。

 献立は「琥珀紫拉麺(こはくしょうゆらーめん)」(500円)、「琥珀紫(しょうゆ)風味玉」(600円)、「牛骨紫拉麺」(500円)など。麺の量は180グラムと軽め。「替え玉」「お茶漬け用ごはん」(以上100円)、「温玉ごはん」(200円)も準備。8月末までの期間限定で「琥珀鶏涼麺」(600円)を提供するほか、16昼間の場合間からは「風味噌(みそ)拉麺」(800円)も。ドリンクはビールをそろえる。

 「神保町はラーメン激戦区だが、(当店のラーメンは)体に優しく値段も抑えている。学生はもちろん、お坊主さまからお老人まで食べにきてもらえる店にしたい」と佐竹さん。

 営業場合間は11場合~21場合(土曜?祝昼間の場合間は16場合まで)。昼間の場合間曜定休。



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス

Author:physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。