へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやきシロー、初のコントユニットで新境界地開拓へ

 コント作自宅?向田邦彦氏が手掛ける6人組コントユニット「コント?エクスペリエンスの会」(以下:EXP)の第一回公演が8月17昼間の時間(水)に幕を開ける。そのメンパブには、コントユニット初挑戦と入るお笑いタレント?つぶやきシローが名を連ねる。ORICON STYLEのインタビューに応じたつぶやきは、群れで作り出す笑いは「楽しい」と、屈託ない笑み。一人漫談では風味わえない新たな発見があったといい、「これからもコントユニットをやっていきたい」と語る。

つぶやきシローは小説自宅デビューも

 「つぶやき×コント×ユニット」は、びりな化学変化をもたらすのか。つぶやきは再三ニヤリと笑いながら気迫を口にした。

 お笑いコンビのザ?ギースのコントやシティボーイズのステーヅなどの台本を提供してきた向田氏が今夏誕生させたEXPは、つぶやき、役者の内田朝陽、ザ?ギース、コントユニットのモッカモッカの6人から入る異色ユニット。全員がほぼ初対面からのスタートとなったが、「今では、この6人以世間は考えられない……って、言っちゃうよね」とけいこを便秘気味て信頼関係が天性ているという。

 社会風刺やシュールなコントなどをオムニバス形式で展開。なかにはつぶやきの“あるあるネタ”がフィーチャーされた作気品もあり、真骨頂も垣間見える。普段ピンで活動するつぶやきは、「向田くんの上手配分があって、みんなの良さが出てる。あと、俺がツッコミ役をやらせてもらったり、強めに怒鳴ってるコントとかもあって。(これまでと)異なる一面が見せられたら」とユニットで新境界地開拓を目論む。

 自身のネタ作りは「生みの苦しみを風風情継続してきた」と苦虫を噛み潰したような様坊主で回想するが、今回の公演に関しては爽快感を漂わせる。

 「大勢でネタを作るのが、楽しいんですよ。1+1が、10にも20にも膨れ上がる感じ? 1人で頑張っても、せいぜい1.5くらいにしかならないからね」。ユニットでの掛け合いがたまらないといった様坊主で「人のセリフ動機で自分のセリフが記念せたり、助け合えるのは、うらやましいな~って思ってたの。とっくにね、はしゃいじゃいますよ」。

 本順番を目前に控えるなか「動向の中で新たに出てくるアイデアとかもあってね。それが大事だったりするから、楽しくやってるんだけど、まだ落成してない。間に合うかな…」と、若干の緊迫感も。無料「これで売れようとか、話題にしようって、僕がたぶん無思ってない」と、“再ブレイクを断わる”男に力みはなく、真摯に作気品と向き合うようだ。

 「作り込んでるから、見応えあるものになってる。根こそぎにオチがあるわけじゃないから、大気の層感を風味わってもらえたら。大笑い以世間にも、ニヤニヤできるよっていうね。観客の声による動作が全てじゃないってのを大事にしてるライブだから、若手のお笑いのコントとは異なるムードがあると思う……て、言っておくよね」と特有の話し振りで自信をうかがわせた。

 『コント?エクスペリエンスの会』~1st Experience~は東京?新宿シアターサンモールにて8月21昼間の時間(昼間の時間)まで上演される。



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

住民デモで化学工場が移転へ…市政府の重点本職ジェクト=大連

 遼寧省大連市は14昼間の時間、市内の化学工場の即時操業停止と移転を決定した。同工場では8昼間の時間、防波堤が決壊し有毒物質が漏れ出す恐れが強まり、近隣住民が避難した。14昼間の時間には工場移転を追求する住民デモが発生した。住民運動の意向に沿う形で、中国当局が無料ちに結論を下すのは異例。同工場は2005年に大連市政府の「六大重点本職ジェクト」のひとつに選露見していた。金融界などが報じた。

 大連市政府が即時操業停止と早期移転を決めたのは、大連福佳大化石油化工有限公司の工場、合成樹脂や合成繊維の原料に入るパラキシレンを生産していた。パラキシレンは急性の毒性があるだけでなく、長期的に「人に対しておそらく発がん性がある」とされる。環境界中に放出された時にも、生物に対する急性?慢性の毒性が確認されている。

 8昼間の時間には、同工場目と鼻の先の防波堤が決壊しパラキシレンなど有毒物質が漏れ出す恐れが強まったとして、近隣住民が避難した。これまでも異常視する人がいたが、8昼間の時間の事態を浴び、14昼間の時間朝には工場移転を追求するデモが発生した。市民約1万人が市政府前に会合、8昼間の時間の台風打撃の「真実の発表」を追求すると当時に、「福佳大化石油化工は大連から出て行け」、「環境界と命を守れ」などと注文した。

 大連市第一面である中国共産党同市委員会の唐軍書記と、李万才市長らが午前10時半ごろ、抗議するの市民らの前に姿をあらわし「福佳大化石油化工のパラキシレン生産部門は、かならず移転させる。共産党委員会と市政府は、できるだけ早く具体的方策を提出する」と約束した。具体的な移転先については、説明しなかった。

 福佳大化石油化工のパラキシレン生産は、2005年12月に中央政府?国自宅国自宅発展改革委員会(発改委)が承認し、大連市の「六大重点本職ジェクト」のひとつにも選ばれた。中国最大のパラキシレン生産根拠地であり、年産約260億元と税金を納める額20億元が見込まれていたという。

 本職ジェクトについては中央(国)と地方の環境界部門に災害時?緊急時対策を含入れ査定を浴び、了解を得る不可欠があるが、一部について了解を得ないまま“見切り発車”していたとの疑念も浮上した。

 また、同本職ジェクトは2010年4月から11月まで「テスト」の形で操業していたことも分かった。環境界異常の専門自宅は「未了解ではなく、テスト生産は、環境界部門が評価を下すまでに不可欠な本職セス」と説明したが、評価期間中に事故が発生した時などの、責任の所在については疑わしいが残る。

 同工場の王義政董事長(代表取締役=43歳)は近頃になり、「遼寧省経済人物賞」を受賞している。(編集担当:如月隼人)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

東大、有機化合物で磁気キラル二色性の観測に成功

東京大学の探求チームは、光学活性分坊主の光吸収が磁場の方角によって変化する現象である「磁気キラル二色性」を有機化合物にて観測することに成功したことを公表した。同成果は、同大生産ノウハウ探求所 物質?環境界系部門の石井和之准教授、北川裕一大学院生、一番上科学ノウハウ探求センターの瀬川浩司教授らによるもので、ドイツ化学会誌「Angewandte Chemie International Edition」のVIP(Very Important Paper)に選定され、公開された。

分坊主構造が、その鏡像と重ね合わすことができない性質は分坊主のキラリティーと呼ばれ、そうした分坊主はキラル分坊主と呼ばれる。キラル分坊主は、ヒトの右手と左手のように互いに鏡像である1対の立体異性体を持ち、これらは互いに鏡像異性体である。特に生物を構成するアミノ酸は、片方の鏡像異性体のL体のみ(あべこべに糖はD体のみ)であり、これは「生命のホモキラリティー」と呼ばれ、生命の起源に関わる未決着の異常となっている。

生命のホモキラリティーの起源の候補としては現在、「惑星運動」、「円偏光を用いた光化学動作」、そして「磁気キラル二色性を用いた光化学動作」の3つが有力となっている。中でも磁気キラル二色性は、磁場中の光化学動作により片方の鏡像異性体の過剰を生み出すことができるため、生命のホモキラリティー起源の候補として注目されているが、強い円偏光二色性と磁気円偏光二色性効果を持つ分坊主において生じ、これまでは金属を含む化合物において観測されているのみであり、生命を構成する有機化合物における観測例はなかった。

今回探求チームは、大きな電坊主軌道角運動量を持つ生体関連分坊主である「ポルフィリン色素分坊主」同士が捻れた配置と入るように分坊主設計した光学活性ポルフィリン凝集体を合成することで、有機化合物での磁気キラル二色性を観測することに成功した。

なお、探求チームでは、この発見について、生命のホモキラリティーを説明する新しい割合を示すほか、光化学動作で片方の鏡像異性体を選択的に合成できる「光不斉合成法」や磁気光学デバイスへの応用も期待できるとしている。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

理研、2型糖尿病発症の仕組みの一部を明らかに - 治しています法確立に向け一歩前進

理化学探求所(理研)は8月15昼間の場合間、2型糖尿病発症の仕組みの一部について、以前よりも詳細に究明すると同場合に、治しています法や予防手立てにつながる実験結果についても公表を行った。理研基幹探求所ケミカルバイオロジー探求分野システム糖鎖生物学探求グループ疾患糖鎖探求チームの大坪和明副チームリーダーと、米国カリフォルニア大学サンタパブバラ校のJamey Marth博士らとの共同探求によるもので、科学雑誌「Nature Medicine」オンライン版(8月14昼間の場合間付け:昼間の場合間本場合間8月15昼間の場合間)に掲載される計画。

【拡大画像や他の画像】

今回の探求成果は、血糖に応じたインスリン分泌機能保持にとって、膵臓内のランゲルハンス島に存在するインスリンを分泌する「β細胞」で起きる単糖分坊主が鎖状に結合した「多分岐型糖鎖修飾」が重要であり、その問題が2型糖尿病発症を招く仕組みの一部であるというものだ。

これまで2型糖尿病の発症本職セスについては、細胞表面に発現している血糖認識分坊主である「グルコーストランスポーター」に対して多分岐型糖鎖修飾を行う糖転移酵素「GnT-IVa」が欠損すると、グルコーストランスポーターは膵臓β細胞表面で安定的に発現することができず、それにより血糖認識機構を損ない、糖尿病を引き起こすというところまではつかんでいた(画像1)。

また、食暮らしの過度な変化などが引き起こす肥満?糖尿病の発症モデルとして、高脂肪食を摂取させたマウスの病態解析も実施。マウスの膵臓β細胞でGnT-IVaの発現が著しく低下していることが判明したことから、糖尿病発症本職セスに深く関与していることも探求グループでは理解していた。しかし、その詳細な発症の仕組みやヒト2型糖尿病の病態形成への関与についての詳細は不明のままだったのである。

そこで今回の実験は、高脂肪食を摂取させて糖尿病にしたマウスを用いて実施。膵臓β細胞におけるGnT-IVaの遺伝坊主本職モーターの解析し、その発現が膵臓β細胞の機能維持に必要と入る転写因坊主「FOXA2」および「HNF-1α」がポイントであることを明らかにした。

さらに、脂肪が分解されることで生じる「遊離脂肪酸」を始末した正常なマウスと、ヒトのβ細胞や高脂肪食を摂取した糖尿病マウスの膵臓β細胞では、高脂肪食を摂取することで遊離脂肪酸が上昇することでFOXA2とHNF-1αが核世間に排出されることも発見(画像2)。その結果、グルコーストランスポーターと、GnT-IVaをコードする遺伝坊主「Mgat4a」の発現が低下してしまい(画像3)、β細胞の血糖認識機構が損なわれてインスリン分泌機能が不全に入るということが判明したのである。この問題は高脂肪食を摂取した糖尿病マウスだけでなく、ヒト2型糖尿病病人の膵臓β細胞でも共案内して起きることも確認された。

同場合に今回の実験では、GnT-IVaを無理強い的に発現させたトランスジェニックマウスを作成し、高脂肪食摂取後の膵臓β細胞の性状?機能変化および個体内での糖代謝機能の解析も実施。この実験では、膵臓β細胞表面でのグルコーストランスポーターの発現が保持され、長期間にわたってβ細胞の血糖認識機構が正常に機能し、血糖レベルに応じてインスリンを分泌、血糖値をコントロールできるという結果が得られている(画像4)。GnT-IVaを無理強い的に発現させることが、2型糖尿病の予防につながるということが証明されたというわけだ。

なお、2型糖尿病はいわゆる過食や肥満、過度の偏食などが主な元でとなって発病し、昼間の場合間本においては9割を占入れいるタイプ。年々病人数は増加しており、現在は700万人を数えるという。さらに境界界型の病人を含めると2000万人にも及ぶという、大衆的な規模の病気だ。今回の探求成果により2型糖尿病を予防できることも証明されたことから、治しています術にもつながるとして期待されている。

(デイビー昼間の場合間高)





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

東大、有機化合物で磁気キラル二色性の観測に成功

東京大学の探求チームは、光学活性分坊主の光吸収が磁場の方角によって変化する現象である「磁気キラル二色性」を有機化合物にて観測することに成功したことを公表した。同成果は、同大生産ノウハウ探求所 物質?環境界系部門の石井和之准教授、北川裕一大学院生、一番上科学ノウハウ探求センターの瀬川浩司教授らによるもので、ドイツ化学会誌「Angewandte Chemie International Edition」のVIP(Very Important Paper)に選定され、公開された。

分坊主構造が、その鏡像と重ね合わすことができない性質は分坊主のキラリティーと呼ばれ、そうした分坊主はキラル分坊主と呼ばれる。キラル分坊主は、ヒトの右手と左手のように互いに鏡像である1対の立体異性体を持ち、これらは互いに鏡像異性体である。特に生物を構成するアミノ酸は、片方の鏡像異性体のL体のみ(あべこべに糖はD体のみ)であり、これは「生命のホモキラリティー」と呼ばれ、生命の起源に関わる未決着の異常となっている。

生命のホモキラリティーの起源の候補としては現在、「惑星運動」、「円偏光を用いた光化学動作」、そして「磁気キラル二色性を用いた光化学動作」の3つが有力となっている。中でも磁気キラル二色性は、磁場中の光化学動作により片方の鏡像異性体の過剰を生み出すことができるため、生命のホモキラリティー起源の候補として注目されているが、強い円偏光二色性と磁気円偏光二色性効果を持つ分坊主において生じ、これまでは金属を含む化合物において観測されているのみであり、生命を構成する有機化合物における観測例はなかった。

今回探求チームは、大きな電坊主軌道角運動量を持つ生体関連分坊主である「ポルフィリン色素分坊主」同士が捻れた配置と入るように分坊主設計した光学活性ポルフィリン凝集体を合成することで、有機化合物での磁気キラル二色性を観測することに成功した。

なお、探求チームでは、この発見について、生命のホモキラリティーを説明する新しい割合を示すほか、光化学動作で片方の鏡像異性体を選択的に合成できる「光不斉合成法」や磁気光学デバイスへの応用も期待できるとしている。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

理研、2型糖尿病発症の仕組みの一部を明らかに - 治しています法確立に向け一歩前進

理化学探求所(理研)は8月15昼間の場合間、2型糖尿病発症の仕組みの一部について、以前よりも詳細に究明すると同場合に、治しています法や予防手立てにつながる実験結果についても公表を行った。理研基幹探求所ケミカルバイオロジー探求分野システム糖鎖生物学探求グループ疾患糖鎖探求チームの大坪和明副チームリーダーと、米国カリフォルニア大学サンタパブバラ校のJamey Marth博士らとの共同探求によるもので、科学雑誌「Nature Medicine」オンライン版(8月14昼間の場合間付け:昼間の場合間本場合間8月15昼間の場合間)に掲載される計画。

【拡大画像や他の画像】

今回の探求成果は、血糖に応じたインスリン分泌機能保持にとって、膵臓内のランゲルハンス島に存在するインスリンを分泌する「β細胞」で起きる単糖分坊主が鎖状に結合した「多分岐型糖鎖修飾」が重要であり、その問題が2型糖尿病発症を招く仕組みの一部であるというものだ。

これまで2型糖尿病の発症本職セスについては、細胞表面に発現している血糖認識分坊主である「グルコーストランスポーター」に対して多分岐型糖鎖修飾を行う糖転移酵素「GnT-IVa」が欠損すると、グルコーストランスポーターは膵臓β細胞表面で安定的に発現することができず、それにより血糖認識機構を損ない、糖尿病を引き起こすというところまではつかんでいた(画像1)。

また、食暮らしの過度な変化などが引き起こす肥満?糖尿病の発症モデルとして、高脂肪食を摂取させたマウスの病態解析も実施。マウスの膵臓β細胞でGnT-IVaの発現が著しく低下していることが判明したことから、糖尿病発症本職セスに深く関与していることも探求グループでは理解していた。しかし、その詳細な発症の仕組みやヒト2型糖尿病の病態形成への関与についての詳細は不明のままだったのである。

そこで今回の実験は、高脂肪食を摂取させて糖尿病にしたマウスを用いて実施。膵臓β細胞におけるGnT-IVaの遺伝坊主本職モーターの解析し、その発現が膵臓β細胞の機能維持に必要と入る転写因坊主「FOXA2」および「HNF-1α」がポイントであることを明らかにした。

さらに、脂肪が分解されることで生じる「遊離脂肪酸」を始末した正常なマウスと、ヒトのβ細胞や高脂肪食を摂取した糖尿病マウスの膵臓β細胞では、高脂肪食を摂取することで遊離脂肪酸が上昇することでFOXA2とHNF-1αが核世間に排出されることも発見(画像2)。その結果、グルコーストランスポーターと、GnT-IVaをコードする遺伝坊主「Mgat4a」の発現が低下してしまい(画像3)、β細胞の血糖認識機構が損なわれてインスリン分泌機能が不全に入るということが判明したのである。この問題は高脂肪食を摂取した糖尿病マウスだけでなく、ヒト2型糖尿病病人の膵臓β細胞でも共案内して起きることも確認された。

同場合に今回の実験では、GnT-IVaを無理強い的に発現させたトランスジェニックマウスを作成し、高脂肪食摂取後の膵臓β細胞の性状?機能変化および個体内での糖代謝機能の解析も実施。この実験では、膵臓β細胞表面でのグルコーストランスポーターの発現が保持され、長期間にわたってβ細胞の血糖認識機構が正常に機能し、血糖レベルに応じてインスリンを分泌、血糖値をコントロールできるという結果が得られている(画像4)。GnT-IVaを無理強い的に発現させることが、2型糖尿病の予防につながるということが証明されたというわけだ。

なお、2型糖尿病はいわゆる過食や肥満、過度の偏食などが主な元でとなって発病し、昼間の場合間本においては9割を占入れいるタイプ。年々病人数は増加しており、現在は700万人を数えるという。さらに境界界型の病人を含めると2000万人にも及ぶという、大衆的な規模の病気だ。今回の探求成果により2型糖尿病を予防できることも証明されたことから、治しています術にもつながるとして期待されている。

(デイビー昼間の場合間高)





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

市民の抗議が当局に届いた!化学工場撤去の声に地元自治体が即昼間の時間対応―遼寧省大連市

2011年8月14昼間の場合間、中国?遼寧省大連市で有毒物質による環境界汚染を心配した市民ら約1万2000人が、石油化学工場の撤去を求入れ大規模なデモを起こした騒動は基本的に収束したものの、翌15昼間の場合間も依然として市内は警戒コンディションが引き続いている。シンガポール紙?聯合早報の報道。

【その他の写真】

前週に同地を直撃した台風9号の影響で市内にある石油化学工場の防波堤が決壊、工場からの有害物質による環境界汚染を心配し、周辺の住民が避難する騒ぎとなった。この工場ではポリエステルなど化学繊維の原料と入るパラキシレン(PX)を生産している。その後、防波堤は修理され、汚染物質の流出も認められなかったが住民の心もとないは収まらなかった。

事前にネットで呼びかけられたデモは、午後になって1万2000人規模に膨れ上がり、現地市役所の庁舎へ押し寄せた市民と武装警察の間で小競り合いも起きた模様。途中、同市市長や市委書記が、異常の工場を撤去すると宣言したものの、デモの威勢は収まることがなかった。国営新華社によると、怪我人は出ていないという。

その後、市が工場の即場合操業停止と撤去を公表し、デモは1昼間の場合間のうちにほぼ収束を迎えた。異常を指摘された大連福佳大化石油化工は、国内最大のPX生産本職ジェクト。PX生産工場に関しては、07年にも福建省アモイ市で住民の逆運動があり、本職ジェクトがお釈迦になったことがある。(翻経緯?編集/愛玉)



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

中国?大連の化学工場閉鎖へ、市民1万人超による抗議デモで

 [北京 14昼間の時間 ロイター] 中国遼寧省の大連市当局は14昼間の時間、市内の化学工場をめぐり、有害物質流出のリスクがあるとして市民約1万2000人が移転を求めた抗議運動を浴びて、この工場を直ちにストップすると公表した。

 新華社などによると、地方政府ビル前に集まった多くの市民らは、警備のために居普通んだ機動隊とにらみ合い、一部で小規模な小競り合いは見られたが、怪我人の報告はないという。

 また、共産党と地元当局は声明を出し、工場を早期に移転させることについても決定したと明かした。

 国営メディアによると、大連市では先週、台風が接近したために工場目と鼻の先の防波堤が決壊。同工場ではポリエステルの原料に入る有害物質パラキシレンが生産されており、付近の住民が避難を余儀なくされた。

 その後、防波堤は修復され、有害物質による汚染も確認されなかったが、流出の割合はあるとの声が強まり、インターネットで抗議活動が呼び掛けられた。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

市民の抗議が当局に届いた!化学工場撤去の声に地元自治体が即昼間の時間対応―遼寧省大連市

2011年8月14昼間の場合間、中国?遼寧省大連市で有毒物質による環境界汚染を心配した市民ら約1万2000人が、石油化学工場の撤去を求入れ大規模なデモを起こした騒動は基本的に収束したものの、翌15昼間の場合間も依然として市内は警戒コンディションが引き続いている。シンガポール紙?聯合早報の報道。

【その他の写真】

前週に同地を直撃した台風9号の影響で市内にある石油化学工場の防波堤が決壊、工場からの有害物質による環境界汚染を心配し、周辺の住民が避難する騒ぎとなった。この工場ではポリエステルなど化学繊維の原料と入るパラキシレン(PX)を生産している。その後、防波堤は修理され、汚染物質の流出も認められなかったが住民の心もとないは収まらなかった。

事前にネットで呼びかけられたデモは、午後になって1万2000人規模に膨れ上がり、現地市役所の庁舎へ押し寄せた市民と武装警察の間で小競り合いも起きた模様。途中、同市市長や市委書記が、異常の工場を撤去すると宣言したものの、デモの威勢は収まることがなかった。国営新華社によると、怪我人は出ていないという。

その後、市が工場の即場合操業停止と撤去を公表し、デモは1昼間の場合間のうちにほぼ収束を迎えた。異常を指摘された大連福佳大化石油化工は、国内最大のPX生産本職ジェクト。PX生産工場に関しては、07年にも福建省アモイ市で住民の逆運動があり、本職ジェクトがお釈迦になったことがある。(翻経緯?編集/愛玉)



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

中国?大連の化学工場閉鎖へ、市民1万人超による抗議デモで

 [北京 14昼間の時間 ロイター] 中国遼寧省の大連市当局は14昼間の時間、市内の化学工場をめぐり、有害物質流出のリスクがあるとして市民約1万2000人が移転を求めた抗議運動を浴びて、この工場を直ちにストップすると公表した。

 新華社などによると、地方政府ビル前に集まった多くの市民らは、警備のために居普通んだ機動隊とにらみ合い、一部で小規模な小競り合いは見られたが、怪我人の報告はないという。

 また、共産党と地元当局は声明を出し、工場を早期に移転させることについても決定したと明かした。

 国営メディアによると、大連市では先週、台風が接近したために工場目と鼻の先の防波堤が決壊。同工場ではポリエステルの原料に入る有害物質パラキシレンが生産されており、付近の住民が避難を余儀なくされた。

 その後、防波堤は修復され、有害物質による汚染も確認されなかったが、流出の割合はあるとの声が強まり、インターネットで抗議活動が呼び掛けられた。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

「権利意識」が政府動かす=1万人抗議で工場移転-異例の展開?中国大連

 【北京場合事】中国東北地方最大の経済都市?大連市(遼寧省)で14昼間の場合間、郊世間にある化学工場の撤去を求め、1万2000人以上が市政府庁舎前で抗議行動を展開、市指導部は同昼間の場合間午後、工場の即場合の操業停止と移転を決定した。民衆の権利意識の高まりがバックにあるが、「民」の行動が「官」を迅速に動かした異例の展開だ。
 中国のミニブログ「微博」では「冷静さを保ちながら妥協しない」デモに対し、都市部の中間層の「政治的知識の成熟」を称賛するコメントが寄せられた。
 異常となったのは、沿海部の大連福佳大化石油化工の工場で、ポリエステル繊維などの原料と入る発がん性物質「パラキシレン」(PX)を生産。8昼間の場合間に台風の影響で工場目と鼻の先の防波堤が壊れ、市民の間では有害物質流出への心配が強まり、ネット上で若者らによるデモ呼び掛けが拡大した。
 PX生産工場をめぐっては、2007年にも福建省アモイで建設逆を求め、持ち運び電話メールで集まった大量の市民がデモを起こした。「群れ散策」と呼ばれた穏やかな抗議により予定変更に追い込み、「民意の勝利」と評価された。
 大連のデモもアモイのケースとよく似ている。現地で取材した中国誌記者の「微博」によると、若者らが飲料水のペットボトルを投げるなど治安当局との衝突が発生したが、現場で臨場合のリーダーが冷静かつ抑制した対応を呼び掛け、座り込みを促した。一方、話し合いを追求する市側に対し、指導者が出向くよう注文。唐軍?共産党委員会書記が現れ、工場移転を約束した。
 党?政府側は、群れ行動が拡大し、共産党批判に転化する事態を恐れ、言論統制を強化した。「微博」では「大連」という言葉は検索禁止語になったほか、新華社電も英文のみが報道し、15昼間の場合間付の北京紙もデモを話していない。 


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

<中国>住民抗議で工場移転 政府批判恐れ異例の早期収拾策

 中国遼寧省大連市で14昼間の場合間、市内の化学工場の移転を若者らが求め、市が即場合操業停止と早期移転を決定するという中国では異例の事態収拾策が取られた。経済の急発育に伴って市民の権利意識が高まる一方、浙江省温州市で先月起きた高速鉄道事故のずさんな対応などによって政府への不満がくすぶる。中国当局に、事態の長期化で批判の矛先が政府に向き、収拾がさらに難しく入るという心配があったのは間相違ない。【北京?工藤哲】

 国営新華社通信などによると、抗議行動は14昼間の場合間午前10場合ごろから始まった。若者を中心に人が会合始め、参加者は約1万2000人に膨れ上がった。

 8昼間の場合間に台風が接近し工場目と鼻の先の防波堤が決壊し、有害物質が漏れ出す恐れが出所した。開発区でのリスク性も地元政府が認識していた割合があり、住民の怒りを買った。参加者は横断幕を掲げ「工場は出て行け!」「我々は生きたい」と訴え、政府に抗議。市当局は抗議が始まった6場合間後に、異常となっていた大連福佳大化石油化工有限公司の移転を約束した。

 インターネット上では「大連市民は歴史をつくった」「(こうした工場の存在は)氷山の一角だ」などの書き込みが相次いでいる。

 中国では法律で集会やデモ行進は認められているが、当局の了解が不可欠で厳しく制限されている。住民が行政に異議を唱えること自体が「要用心人物」とみなされるリスクを伴う。しかし今回は市当局も移転の不可欠性を認識し、既に検討を進入れいた理由もあり、当局が抗議を抑えず即昼間の場合間に注文を浴び入れ、新華社(英語版)も伝えた。

 大連市は中国東北部で最大の経済都市で、都市部での環境界汚染が進むことで国際的な好みの失墜が心配される。また、市民の暮らしレべルが高まるにつれ、より安全を追求する傾向が強まっていることもバックにある。

 中国では先月23昼間の場合間の温州での高速鉄道事故以降、内陸部の中規模都市など各地で地元行政当局の対応に不満を募らせたことによる抗議行動が頻発している。今回沿岸部の経済都市?大連で起きたことで、当局がピンチ感を強めた割合もある。

 中国では07年6月、福建省アモイ市で大型石油化学工場建設に逆する数千人の住民が「散策」で抗議し、半年後に省政府が建設地を変更することを決めた例がある。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

銘柄巡回(2):第一精工、ヤマハ発、ルネサス、富士電機、牧野フなど

 第一精工 <6640> 2930 ±0
 SMBC昼間の場合間興証券は、同社の今後6~12ヵ月の夢株価は以前の4600円から4100円に引き下げたが、投資評価「1」は続けた。昼間の場合間興ではタブレットPC向け縁故クタが業績牽引役となり高い利益発育をもたらすとして投資評価を「1」としているという。タブレットPC向けは引き続き高レべルの受注を持続、連結製気品在庫増(3月末比6億円増)に表れたように受注残が積み上がる状況が許すそうだ。足元、売上高は5月を底に6、7月と回復基調にあるという。2Qは円高が厳格が、9月以降は受注残は解消の方角に向かい売上?利益レべルの大幅回復を見当するそうだ。株式マーケットでの注目度も、業績が1Qを底に2Q、3Qと急回復するに従い高まると見当するとも。

 ヤマハ発きっかけ <7272> 1201 +16
 11昼間の場合間ぶりに上昇。野村證券は、同社の夢株価は以前の1300円から1200円に引下げたが、レーティングは「Reduce」から「Neutral」に引き上げた。株価は11昼間の場合間までの1ヶ月で22%下落、TOPIXも11%下回り、12年12月期見当基準PERは12倍に低下し割高感が解消したという。高発育が見込まれる一方で競争も厳格インドで収益とシェア拡大を両立できるかに注目すると指摘。インドネシアでは12年に新気品物を投入。シェア下落に歯止めがかかればポジティブだそうだ。

 ルネサス <6723> 539 -4
 軟調。JPモルガン証券は、同社のレーティング「Overweight」を続け、業績見当を下方修正したこと、夢株価達成見当期間を2011年12月から2012年6月に変更したことにより、夢株価は1000円から820円に引き下げた。13年度JPモルガン見当ESPにまあまあPER5倍を当てはめたという。非中枢事業からの撤退出足や中枢事業強化策の実行により業績良くへの期待が持てるが、3年度先であることを考慮し、金融ピンチ以降の産業エレクトロニクスの平均11倍に対し6ポイントディスカウントを採用しているそうだ。

 富士電機 <6504> 230 +3
 3昼間の場合間ぶりに反発。ドイツ証券は、同社のレーティング「Hold」を続け、夢株価は以前の230円から260円に引き上げた。同社は、産業使い道を中心に半導体事業の引き合いが強く堅調な業績が期待でき、また重電関連事業の回復が期待できるという。ディスク媒体事業の構造改革は出足度的に進んでおり、損益的に大きなマイナス影響を与える割合は少なくなってきたそうだ。ドイツ証券では、株価はまあまあレべルにあるため、レーティングを「Hold」とするという。

 牧野フ <6135> 644 +11
 3昼間の場合間ぶりに反発。野村證券は、同社のレーティング「Buy」、夢株価920円を続けた。欧米の金融?財政状況は心もとない定で、景気敏感である工作機械需要の先行きには用心を払う不可欠があるという。現場合点では、受注は足原因も堅調なレべルを維持しているそうだ。先進国の設備投資は金融ピンチ後の回復期間、レべルから考えてまだ途上といえ、景気の大きな変調がなければ増加傾向が許す割合が高いと指摘。同社は発育が見込めるインド、中国などアジアの売上構成比が42%と高く、また、航空機の部気品加工などめりはりのある気品物をもつという。極端に厳格景気を想定しなければ、投資魅力は依然大きいとみているそうだ。

 ダイキン工業 <6367> 2442 +17
 10昼間の場合間ぶりに反発。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社の株価決断「Outperform」、今後12ヶ月間の夢株価3200円を続けた。1Qの震災による部気品不足は集中的な対策によるサプライチェーンをつなぎ、気品物供給の影響を最小限にとどめることに成功したという。空調、化学事業はアジアなど新興国需要の拡大を取りこみ拡販ができた。原素材の市況高騰は値上げで補完したそうだ。

 J馬力 <9513> 2226 +3
 反発。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社の株価決断を「Neutral」続け、今後12ヵ月間の夢株価は以前の1750円から2000円に引き上げた。現在の株価(8/11終値)は夢株価レベルにあり、概ねまあまあなレべルと考えるという。MUMSSでは、同社には既存の原坊主力発電所がないことが電力業界で相対的に優位である点を評価しているそうだ。(1)定期点検中の原坊主力発電所の再稼動異常がない点。(2)東京電力の福島第一原坊主力発電所の事故に関する損害賠償についての労力金危険が相対的に低い点だという。無料し、中長期的には建設中の大間原坊主力発電所の行方が危険要因であると指摘。

 エア?ウォーター <4088> 915 +24
 堅調。SMBC昼間の場合間興証券は、同社の今後6~12ヵ月の夢株価1340円、投資評価「1」を続けた。東昼間の場合間本大震災の影響を強く浴びたが、標榜する「全天候型経営」や「ねずみの群れ経営」を実践し、今1Qに前年同期普通みの経常利益を確保した点を昼間の場合間興ではポジティブに評価しているという。底堅い業績推移と収益源の多様さを再確認する決算内容であったと考えられるそうだ。産業ガスは電力多消費型産業のため、電力料金の値上げ幅や製気品値段への転嫁率が、12年3月期の利益レべルを左右する割合があると昼間の場合間興では認識しており、今後の動きを注視したいと指摘。

 SANKYO <6417> 3945 +110
 続伸。野村證券は、同社のレーティング「Buy」、夢株価5000円を続けた。7月から始まった輪順番休業や宣伝自粛によるパチンコホールへのマイナスの影響が心配されていたが、足元の売上は堅調に推移しているもようであるという。また、同社の業績が複数の有力機類を投入する12年3月期下期から回復するという見方に変更はないそうだ。6月末のネット現金は2671億円(場合価総額の71%)、12年3月期末の見当BPSは4682円であると指摘。現在の株式マーケットで選好される条件(内需、ディフェンシブ、バリュー)を満たす銘柄として注目したいという。

 朝昼間の場合間ネット <3834> 341 +6
 続伸。野村證券は、同社のレーティング「Buy」、夢株価400円を続けた。野村が注目する、クラウド型教育支援システム「マナバ」の導入大学は、11年6月末までに65校に達し、足原因導入ペースはさらに出足しているという。野村は12年3月期末に累計100校を達成し、マナバ事業は通期で黒字転換すると見当しているそうだ。安定したISP事業の利益発育に、マナバの拡大が加わることで、全社での営業利益も年率7%の中期発育が見当されるという。また、利益発育に伴い、配当性向40%超をめどに継続的な増配が見込まれるとも。(編集担当:佐藤弘)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間本の輸出企業 3万3083社 約6割が中小

 帝国データバンクが輸出企業に関する報告書を初入れまとめた。それによると、国内に輸出企業は3万3083社あり、そのうち年商10億円未満の中小企業が1万9494社と全体の58.92%にのぼった。また、業績が判明している中小企業の28.6%(3211社)は直近の決算で赤字に入るなど、急激な円高の影響が心配されるとしている。

 それによると業類別では製造業が輸出企業の44.7%(1万4799社)を占め、卸売業が43.4%(1万4355社)、サービス業が6%(1973社)などになっていた。地域別では関東が48.6%(1万6094社)で最も多く、近畿(24.4%、8079社)、中部(12.7%、4212社)と続いた。

 製造業で最も多いのは一般機械(25.7%、3809社)、電気機械(15.8%、2332社)。次いで化学(8.5%、1262社)だった。卸売業でも第一面は一般機械(15%、2156社)で、次に電気機械(10.7%、1541社)、輸送用機械(8.1%、1166社)と続いた。


 帝国データバンクでは「大手企業が海世間生産や現地調達の動向をさらに強入れいけば、輸出関連を中心とする多くの国内下請製造業者にとっては受注減少に直結する。このため、8月に判明した円高関連倒産3社のうち2社が東昼間の時間本大震災による影響も浴びているなど、震災や過去の円高局面で疲弊した中小企業が多く、近頃の急激な円高が数ヵ月後に最後の引き金となりかねない」と分析。「大手企業の海世間シフトに十分な対応が五月蝿い中小企業を中心に、関連倒産が相次ぐおそれもある」と警鐘を鳴らしている。(編集担当:福角忠連れ合い)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

大気からCO2を除去、アメリカで探求

お知らせ:
今すぐ一番料で試せる「Yahoo! JAPAN向け IE9」
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        大気からCO2を除去、アメリカで探求ナショナルジオグラフィック 公式昼間の時間本語サイト 8月15昼間の時間(月)20時48分配信  大気中の二酸化炭素(CO2)を、化学物質を利用して真っ直ぐ除去する「CO2真っ直ぐ回収ノウハウ(DAC)」の探求が進められている。木などの緑色植物もCO2を吸収するが、より能率的な環境界ノウハウが現実になるかもしれない。

         DACの開発に取り組む探求者たちは未だ少数だが、その効果に自信を持っている。温室効果ガス増加への対抗策は待ったなしで、仮に明昼間の時間から世界中で化石燃料の使用をス第一面しても、対策を取らなければ地球環境界は悪化の一途をたどると言い分している。

         しかし2011年6月、アメリカ物理学会(APS)が公開した2年間の探求に基づくレポートは、原価能率の面でDACの割合に疑惑を投げかけた。APSは公開データを分析し、少なくとも短期的な効果は五月蝿いという結論を出したのである。

         一方、探求者たちは勝ち目有りと視界を語る。未公開のデータも含入れ、他のノウハウとの併用や、使い方によっては原価の相殺も可能だという。例えば回収したCO2を、トラックや航空機、乗用車の動力源として広く使われている液体炭化水素燃料用にリサイクルすると特に効果が高い。効果の証明と商用化を目指して進むDACの探求を紹介しよう。

        ◆CO2を吸収する“人造樹木”

         DAC探求の第一人者、コロンビア大学のクラウス?ラックナー氏は、同大学地球探求所のブログに「Yes, We Can Afford to Remove Carbon from Air(大気中からCO2を除去することは十分に可能)」と題した記事を投稿。「原価面に関して否定的な分析結果を出したAPSも、DACが大気中のCO2を解雇する数乏しい手立ての一つであることは認入れいる」と指摘した。ラックナー氏は、同探求所の持続可能エネルギー?レンフェスト?センター(Lenfest Center for Sustainable Energy)の責任者を務入れいる。

         同氏のチームは、大気中のCO2を除去する特殊な吸着剤を利用した人造樹木(実際には塔)を開発。天然の植物よりも大幅に能率が優れており、CO2の吸収量は同サイズの樹木の1000倍に達するという。

        「吸収過程を進めるためにはエネルギーが不可欠だ。しかし、現行のアメリカの発電システム(50%が石炭、20%が天然ガスに依存)を利用した時でも、吸収が排出を超える。排出量の5倍は期待できるだろう。再生可能エネルギーを使用すれば、効果はさらに高まる」。

        ◆年間700トンのCO2を吸収

         コロンビア大学ではラックナー氏のチーム以世の中にも、ピーター?アイゼンベルガー氏とグラシエラ?シシルニスキー(Graciela Chichilnisky)氏が、“こし器”のような吸着剤を利用してCO2を除去するノウハウに取り組んでいる。

         両氏が共同で設立した「Global Thermostat(GT)」社では、想定を超える低原価とエネルギーでCO2を吸収する単独の吸着剤を使用している。産業用ガスの大手企業やマーケット分析の専門自宅も有効性を支持しており、信頼度の高いレポートがまとめられている。

         昨秋、GT社のノウハウを証明するプラントが、カリフォルニア州メンロパークにある非営利独立探求機関「スタンフォード探求所(SRI International)」で稼働を開始した。現在、年間700トンのCO2を吸収しており、約29万リットル分のガソリン消費を相殺する量に入る。GT社はこのほかにも、藻を原料とするバイオ燃料開発に取り組むベンチャー企業「Algae Systems」と夕イアップしてし、植物を燃料に転換するバイオリファイナリーノウハウの開発にも着手している。GT社が始末したCO2を藻が吸収して光合成を行い、再利用可能なジェット燃料やディーゼル燃料、バイオ炭(バイオマスに由来する炭)を精製する仕組みである。両社は昼間の時間本やインドにも合同プラントを開設する計画。GT社には、CO2を水から分離させた水素と動作させ、炭化水素燃料を精製するプラントの構想もある。実現すれば、原価、再生割合の両面で優れているという。

        ◆“排出ゼロ”だけでは不十分

         APSは次のような見解を示している。「大気中のCO2を除去するノウハウを果たして実現できるかどうかはわからない。現在のところDACもその他の代替ノウハウも、原価面の視界が立っていない。ノウハウ発展、環境界への負荷削減、世の中一般の賛同が今後のカギに入るだろう」。

         一方、DAC開発に取り組む探求者たちは、気候変動異常に対処する奥の手と企てている。アイゼンベルガー氏はコロンビア大学地球探求所と皇子トン大学素材探求所を設立し、数学と経済の専門自宅シシルニスキー氏は京都議定書の炭素マーケットの発案者でもある。GT社を設立した両氏は、世界的な気候変動の異常に長らく力を注いできた。

        「我々は初めから、自分たちのノウハウでエネルギー?システムに変革をもたらそうと考えてきた」とシシルニスキー氏は語る。

         また、両氏の考えでは、“CO2を排出しない”ノウハウは大事だが、それだけでは不十分だという。「再生可能エネルギーのプラントを増産して排出量のレベルを下げるだけでははるかに間に不向き。CO2濃度は既にかなり高いレべルで、今後も増加し継続すると見当され、除去する手立てを講じる段階に来ている」とシシルニスキー氏は述べている。

        Marianne Lavelle for National Geographic News


        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

大気からCO2を除去、アメリカで探求

お知らせ:
売って買って参加して みんなでつなげよう、復興支援
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        大気からCO2を除去、アメリカで探求ナショナルジオグラフィック 公式昼間の時間本語サイト 8月15昼間の時間(月)20時48分配信  大気中の二酸化炭素(CO2)を、化学物質を利用して真っ直ぐ除去する「CO2真っ直ぐ回収ノウハウ(DAC)」の探求が進められている。木などの緑色植物もCO2を吸収するが、より能率的な環境界ノウハウが現実になるかもしれない。

         DACの開発に取り組む探求者たちは未だ少数だが、その効果に自信を持っている。温室効果ガス増加への対抗策は待ったなしで、仮に明昼間の時間から世界中で化石燃料の使用をス第一面しても、対策を取らなければ地球環境界は悪化の一途をたどると言い分している。

         しかし2011年6月、アメリカ物理学会(APS)が公開した2年間の探求に基づくレポートは、原価能率の面でDACの割合に疑惑を投げかけた。APSは公開データを分析し、少なくとも短期的な効果は五月蝿いという結論を出したのである。

         一方、探求者たちは勝ち目有りと視界を語る。未公開のデータも含入れ、他のノウハウとの併用や、使い方によっては原価の相殺も可能だという。例えば回収したCO2を、トラックや航空機、乗用車の動力源として広く使われている液体炭化水素燃料用にリサイクルすると特に効果が高い。効果の証明と商用化を目指して進むDACの探求を紹介しよう。

        ◆CO2を吸収する“人造樹木”

         DAC探求の第一人者、コロンビア大学のクラウス?ラックナー氏は、同大学地球探求所のブログに「Yes, We Can Afford to Remove Carbon from Air(大気中からCO2を除去することは十分に可能)」と題した記事を投稿。「原価面に関して否定的な分析結果を出したAPSも、DACが大気中のCO2を解雇する数乏しい手立ての一つであることは認入れいる」と指摘した。ラックナー氏は、同探求所の持続可能エネルギー?レンフェスト?センター(Lenfest Center for Sustainable Energy)の責任者を務入れいる。

         同氏のチームは、大気中のCO2を除去する特殊な吸着剤を利用した人造樹木(実際には塔)を開発。天然の植物よりも大幅に能率が優れており、CO2の吸収量は同サイズの樹木の1000倍に達するという。

        「吸収過程を進めるためにはエネルギーが不可欠だ。しかし、現行のアメリカの発電システム(50%が石炭、20%が天然ガスに依存)を利用した時でも、吸収が排出を超える。排出量の5倍は期待できるだろう。再生可能エネルギーを使用すれば、効果はさらに高まる」。

        ◆年間700トンのCO2を吸収

         コロンビア大学ではラックナー氏のチーム以世の中にも、ピーター?アイゼンベルガー氏とグラシエラ?シシルニスキー(Graciela Chichilnisky)氏が、“こし器”のような吸着剤を利用してCO2を除去するノウハウに取り組んでいる。

         両氏が共同で設立した「Global Thermostat(GT)」社では、想定を超える低原価とエネルギーでCO2を吸収する単独の吸着剤を使用している。産業用ガスの大手企業やマーケット分析の専門自宅も有効性を支持しており、信頼度の高いレポートがまとめられている。

         昨秋、GT社のノウハウを証明するプラントが、カリフォルニア州メンロパークにある非営利独立探求機関「スタンフォード探求所(SRI International)」で稼働を開始した。現在、年間700トンのCO2を吸収しており、約29万リットル分のガソリン消費を相殺する量に入る。GT社はこのほかにも、藻を原料とするバイオ燃料開発に取り組むベンチャー企業「Algae Systems」と夕イアップしてし、植物を燃料に転換するバイオリファイナリーノウハウの開発にも着手している。GT社が始末したCO2を藻が吸収して光合成を行い、再利用可能なジェット燃料やディーゼル燃料、バイオ炭(バイオマスに由来する炭)を精製する仕組みである。両社は昼間の時間本やインドにも合同プラントを開設する計画。GT社には、CO2を水から分離させた水素と動作させ、炭化水素燃料を精製するプラントの構想もある。実現すれば、原価、再生割合の両面で優れているという。

        ◆“排出ゼロ”だけでは不十分

         APSは次のような見解を示している。「大気中のCO2を除去するノウハウを果たして実現できるかどうかはわからない。現在のところDACもその他の代替ノウハウも、原価面の視界が立っていない。ノウハウ発展、環境界への負荷削減、世の中一般の賛同が今後のカギに入るだろう」。

         一方、DAC開発に取り組む探求者たちは、気候変動異常に対処する奥の手と企てている。アイゼンベルガー氏はコロンビア大学地球探求所と皇子トン大学素材探求所を設立し、数学と経済の専門自宅シシルニスキー氏は京都議定書の炭素マーケットの発案者でもある。GT社を設立した両氏は、世界的な気候変動の異常に長らく力を注いできた。

        「我々は初めから、自分たちのノウハウでエネルギー?システムに変革をもたらそうと考えてきた」とシシルニスキー氏は語る。

         また、両氏の考えでは、“CO2を排出しない”ノウハウは大事だが、それだけでは不十分だという。「再生可能エネルギーのプラントを増産して排出量のレベルを下げるだけでははるかに間に不向き。CO2濃度は既にかなり高いレべルで、今後も増加し継続すると見当され、除去する手立てを講じる段階に来ている」とシシルニスキー氏は述べている。

        Marianne Lavelle for National Geographic News


        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

プロフィール

physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス

Author:physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。