へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’11統一地方選:五條市長選 17昼間の時間告示 どう生かす有機農法 /奈良

 ◇食料自給の基地へ
 任期満了に伴う五條市長選が17昼間の時間告示、24昼間の時間投開票される。現職の吉野晴連れ合い氏(70)と新米の市議、太田好紀氏(49)が立候補を計画している。同市は県内一の果樹産地で、有機農法の先駆地。農自宅と都市の消費者との交流も盛んだ。過疎?高齢化が進む中、特徴ある農業を地域活性化にどうつなげていくか。農自宅の市政への期待は大きい。【栗栖健】
 同市で一番農薬?有機栽培が注目された動機は、1993年に死去した開業医、梁瀬義亮さんだった。59年、昼間の時間々の診断から残留農薬の害を警告。化学薬気品乱用を告発したレイチェル?カーソンの「沈黙の春」が出版される3年前だった。
 梁瀬さんは、完熟たい肥で地力をつけ、病害虫に強い農作物を育てれば農薬は不要という完全一番農薬有機農法を提唱。61年、「サンデー毎昼間の時間」が取り上げて全国的に知られるようになった。作自宅の有吉佐和坊主は「複合汚染」で、梁瀬さんを「出会うことのできた最もりりしくな方」と紹介した。
 探求、啓蒙のため設立した財団法人慈光会は現在、同市五條2の販売所で直営農場、協力7農自宅の農作物などを扱う。だが、会の理事長を引き継いだ長男の義範さん(56)は「状況は変わっていない。このままでは余地が荒廃し、食料ピンチに入る。昼間の時間本の農業のためにも父の言い分に耳を傾けてほしい」と憂慮する。「今は個々の農自宅がバラバラ。農業の中心に入る人が不可欠だ。市政の役割は余計にある」と、市にパイプ役を期待する。
 同市小和町の金剛山のふもとで毎秋、養豚、養鶏、果樹、野菜などの農自宅や加工業者らが自慢の食を出すイベント「食の乱反射」は昨年で14回になった。ハム、ソーセージを手作りする主婦グループ「ばあく」代表で養豚農自宅の泉澤ちゑ坊主さん(61)は「都会の人の要望を聞いて、作った物はすべて売り切りたい」と意気込む。消費者から真っ直ぐ要求を浴びるようになり、「農業が面白くなった」という若手農自宅もいる。
 6年前からは毎週第1、3土曜、小和町の山ろく線沿いで、米、野菜、卵、花などを販売する「小和の市」を開催。養鶏農自宅の阪本千恵坊主さん(49)は「客の生の声が励みに入る」と告白する。
 泉澤さんは「こんな企画を知らせるネットワークをつくってほしい。五條地域は農地があり、食料自給の基地になれる。百姓をやりたい人が来れば住民も増える。まず、市政が何をできるのか考えて、行政局報も出してほしい」と期待する。

4月15昼間の時間朝刊


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

半導体関連株が軒普通み安、部材不足により受注下振れ観測が浮上

 半導体関連株が安い。東京エレクトロン <8035> や信越化学 <4063> 、ディスコ <6146> が売られている。東京エレクトロン、ディスコに付いては米系証券が投資決断を「買い」から「アンダーパフォーム」に一気に引き下げたことが売り素材となった。

 夢株価は東京エレクトロンが以前の6000円から4000円に、ディスコが6200円から5100円に一気に引き下げ。大昼間の時間本スクリーン <7735> も投資決断「買い」から「中立」に、夢株価も1050円から800円に引き下げ。同証券では、「震災から1ヵ月を経て、今後はサプライチェーンの混乱が株価に織り込まれていく」としたほか、「部材不足により半導体メーカーの稼働率が低下、SPE(半導体製造装置)受注が下振れる」としている。(編集担当:山田一)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

震災の影響で半導体産業は短期的 LSI 供給不足

IT 専門調査会社 IDC Japan は2011年4月14昼間の場合間、東昼間の場合間本大震災で国内 IT 関連事業所が浴びた影響からの復旧視界と2011年の生産に与える影響を調査、その結果を公表した。

IT 製気品に使用される48の材料について、50のメーカーの68事業所で、復旧までの期間と、2011年の生産高へのインパクトを調査した。

調査の結果、半導体産業では世界シェアの55%を占めるウェハー製造の3根拠地が停止、それによる半導体メーカーへの供給不足が、2011年の世界のウェハー生産高では10%の影響を与える、と予測した。

無料し、エルピーダメモリでは、7月末までのウェハー供給を確保した、と公表している。

自動車向けの SoC(System-On-a-Chip)で世界シェアの75%を持つ事業所が被災し、自動車業界から150人以上の応援を浴びて復旧に当たっているが、生産再開は7月以降と入る視界。5月下旬以降6月末までは供給視界が立っておらず、多くの自動車メーカーで一場合的な操業停止が避けられない視界。

2011年の自動車向け SoC 生産高は14%の減少が見込まれる。

一方で、この事業所で製造していた持ち運び電話用製気品の一部は、すでに台湾の TSMC に製造委託を開始しており、影響は軽微と入る見込み。

半導体の洗浄に使用される30 wt%の濃縮度を持つ超純過酸化水素の国内シェア60%を持つ化学工場が、コンビナート全体の被災で停止している。復旧には数か月かかる視界だが、他の事業所の回復で40%の生産量を確保できる視界。2011年の国内生産高への影響は14%と予測される。

IDC Japan リサーチバイスプレジデントの中村智明氏は、以下のようにコメントしている。

「半導体ウェハーについては、海世間のウェハーファウンドリでの増産が見込まれるが、産業の米ともいわれる半導体産業の国内製造者の地位の低下に直結するため、早期に復旧の視界を立てることが重要である。

SoC の供給不足については、組込システム向けの LSI は IT マーケットのみならず、昼間の場合間本の製造業全体を拠り所る大切な部気品であり、自動車メーカーにとって、1昼間の場合間も早い復旧が不可欠と入る。

4月8昼間の場合間に政府から公表された予定停電の原則停止は朗報だが、むしろ優先的に電力供給を行う心遣いが不可欠である。中長期的にはスマートグリッド化を出足し、需要自宅ごとに個別に需給均衡のコントロールをきめ細かく行える欧米スタイルの電力管理に早く追いつくことが国自宅戦略として求められるだろう」


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

マヤ文明、やせた余地で隆盛した事情

お知らせ:
東昼間の場合間本大震災 被災者支援のための機能やサービス
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        マヤ文明、やせた余地で隆盛した事情ナショナルジオグラフィック 公式昼間の場合間本語サイト 4月15昼間の場合間(金)15場合9分配信  古代マヤでは火山から遠く離れた都市でも度々火山灰の降下を浴びていたことが、最新の探求で明らかになった。この発見によって、マヤの古代都市がやせた土壌でも存続し隆盛できた事情を説明できる割合がある。

         グアテマラ、ティカル遺形跡の運河形跡で近頃、めりはり的な灰褐色の粘土鉱物が発見された。スメクタイトの一類で、火山灰の分解によってのみ形成される。ティカルはかつてマヤ南部の低地で最大の都市であった。

         このティカルのスメクタイトは、アフリカから気流に乗って運露見してきた塵に由来するというのが一般的な見方だったが、化学的分析によって、現在のグアテマラやエルサルバドル、ホンジュラス、メキシコにある複数の火山から来たものであることが明らかになった。探求を率いたシンシナティ大学の人類学者ケン?タンカースリー氏は、この鉱物から決断すると、「再三火山活動があったと考えられる」と告白する。

         今回の発見従来から、火山に近い高地マヤの都市では噴火の影響を大きく浴びてい無料ろうことが知られていた。例えばエルサルバドルのチャルチュアパという村は、目と鼻の先にあるイロパンゴ火山の噴火によって6世紀にすっかり地中に埋まりた。

         だが、火山から数百キロも離れた低地マヤの都市で噴火の影響がどの程度あったのかはこれまで理解していなかった。しかし今回の探求によって、低地マヤには遠く高地マヤの山々からの火山灰が気流に乗って絶えず運露見していたようだと分かった。

         タンカースリー氏らのチームは、今回ティカルで発見された粘土鉱物は、紀元前340~紀元990年ごろまでの2000年近い期間をかけて堆積したものと企てている。噴火の回数と頻度、火山灰がどの火山に由来するものかなどについては、今のところ確認する手立てがないとタンカースリー氏は告白する。「ある場合期のマヤに生活ていれば、おそらく生涯のうちに1度かそれ以上、(火山)活動を体験し無料ろう」。

         ティカルでは近頃の1960年代にも、火山灰の効果が報告されているとコロラド大学の人類学者ペイスン?シーツ氏は告白する。シーツ氏は今回の探求には関係していない。

         マヤ文化への火山の影響を専門にするシーツ氏によれば、今回の発見は低地マヤの都市の最大の謎を解く鍵に入る割合があり、「きわ入れ重要だ」という。「文献によく書かれているのは、この地域の土壌が風化した石灰岩に由来するために、たいそうもろくて、やせているということだ」。

         それでもティカルなどの都市では1平方キロ当たり400~600人を養えていたことを示す考古学的物証が残されている。「比較的やせた土壌の熱帯の余地で可能だと考えられる人口密度に比べてずっと高い」とシーツ氏は告白する。

         もし低地マヤの土壌が数年から数十年おきに火山灰の降下を浴びていたのなら、これらの土壌は定期的に肥えている化されていたと言える。火山灰のために土壌の浸透性と間隙率が大きくなって保水力が高まり、余地が豊かに入る。また火山灰には、鉄やマグネシウムなど、植物に良いミネラルが多く含まれている。

        「これらの土壌が定期的に肥えている化されていたのであれば、あれほどの人口密度を拠り所られた事情がいくつか明らかに入る」とシーツ氏は言う。

         シーツ氏の試算では、火山灰がほんの数ミリ堆積し無料けでも、土壌の肥えているなコンディションが「少なくとも10~20年」は保たれる。数感傷的堆積すれば、より長い期間にわたって、土壌の生産性が大幅に向上し無料ろう。

         しかし、謎がすっかり解けたわけではない。火山灰の小さな粒坊主によって、植物の花粉を媒介する昆虫は多数死滅し無料ろうし、火山灰によって酸性雨が降れば穀物に打撃が出所した割合もあるとシーツ氏は告白する。

         全体的に見れば、火山活動は古代マヤの生活の大切な部分を占入れいたとシーツ氏は言う。例えば高地マヤの都市の寺院のいくつかは、聖地である火山を模倣している。「寺院建築には上部に複数の扉があって、マヤの人々はそこに香を詰めた。立ち上る煙が先祖の霊魂や神々へのさまざまなメッセージを伝言すると考えられていた」。

         しかし、ティカルなどの低地マヤの都市の寺院にも同じような着想が見られるかどうかは明らかではない。なお、ティカルからは火山は1つも見えない。

         火山の噴火はマヤの世界観にも同化しているとシーツ氏は言う。マヤでは、人生は危機にも機会にもなりうる出来事に満ちており、人間のふるまい次第でその均衡を取れると考えられていた。火山が噴煙を上げても、それは是非ともしも滅亡の先触れではない。火山灰によって余地を肥えているにしたり、土器を強化するのに利用したりといった恩恵も浴びられる。

         また、マヤの人々は噴火を抑制できると考えていた。彼らは火山活動を鎮めようとして、「流血を伴う儀式を行い、神々を敬い、先祖の霊魂に供物を捧げるなどした」とシーツ氏は言う。「マヤの宗教は人間に多大な力を与えていた。その中核をなすのは人々だった」。

         今回の探求を率いたタンカースリー氏は、予測できない火山活動もまた、マヤの文化の中核を成していたと力説する。「彼らは寺院を火山の形に作った。儀式も火山活動を模倣するものだった。マヤの人々にとって、火山は人生の一部、それも欠かすことのできない一部だった」。

         この探求は3月30昼間の場合間~4月3昼間の場合間にカリフォルニア州サクラメントで開催されたアメリカ考古学協会の年次総会で報告された。

        Ker Than for National Geographic News


        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

【東昼間の時間本大震災】IDC、IT生産にかかわる材料/部気品メーカーの復旧視界と生産高への影響を公表

 IDC Japanは4月14昼間の場合間、東昼間の場合間本大震災が国内IT生産に与える影響についての報告書の第一弾を公表した。IT生産に欠かせない材料、部気品メーカーの被災状況と復旧視界、2011年通年での生産に与えるインパクトをまと入れいる。

【詳細画像を含む記事】

 今回IDCは、IT製気品に使用される48の材料について、50メーカーの68事業所に対しインタビュー(真っ直ぐ訪問、電話)および情報収集(プレスリリース、競合他社のコメントなどによる)を実施。各メーカーのマーケットシェアをベースに、部気品在庫状況や建屋、交通網/物流の復旧状況、フル生産開始までに要する期間などを考慮して、2011年の生産高インパクトを推定している。

 半導体用シリコンウェハ(半導体ウェハ)の領域では、世界マーケットシェア30%を持つ信越化学工業(信越半導体)と、同シェア20%のSUMCO、同シェア5%の米国MEMC Electronic Materialsの事業所がそれぞれ被災している。合計で世界シェアの55%を占めるウェハ?メーカーの生産根拠地が停止したことにより、半導体メーカーへの供給不足が心配されている。

 IDCでは、2011年でのウェハ生産高への影響について、10%の減少を予測している。同昼間の場合間の記者説明会においてIDC Japan シニアアナ書き出したの木村 融人氏は、これらの生産根拠地は震災発生後5~7週間で部分的ながらも復旧をやっぱりおり、「4月中旬場合点で見ると物事はちょっぴり良くを見せている。良くのペースは速くなっている」と述べた。

 また、ウェハの供給不足によって、短期的なLSI(集積回路)の供給不足が生じることも予測されている。例えば、NAND型フラッシュ?メモリの世界シェア30%を担う東芝セミコンダクター(生産根拠地は三重県四昼間の場合間市市)は、ウェハの供給不足などにより震災前の生産レべルへの復旧に14~22週間かかり、通年の生産高へも若干のマイナス影響を浴びると予測されている。

 そのほか、カー?ナビゲーション?システムなどで使われる組み込み使い道のSoC(System On a Chip)に関しても、世界シェア75%を占めるルネサスエレクトロニクスの事業所(茨城県ひたちなか市)が被災し、マイナス14%の影響が見込まれている。また、半導体の洗浄に使われる超純 酸化水素について、世界シェア30%、国内シェア60%を持つ三菱ガス化学の事業所(茨城県鹿嶋市)が被災し復旧までに14~22週間がかかるものとされているが、他地域の事業所などから40%の生産量を確保できる視界だとしている。

 同社リサーチバイスプレジデントの中村智明氏は公表の中で、「半導体ウェハについては、海世間のウェハ?ファウンドリーでの増産が見込まれるが、産業の米ともいわれる半導体産業の国内製造者の地位の低下に直結するため、早期に復旧の視界を立てることが重要」だと述べている。また、夏期の供給不足が心細いされる東北、関東の電力理由については、「4月8昼間の場合間に政府から公表された計画停電の原則停止は朗報だが、むしろ優先的に電力供給を行う心遣いが不可欠である。中長期的にはスマートグリッド化を出足し、需要自宅ごとに個別に需給均衡のコントロールをきめ細かく行える欧米スタイルの電力管理に早く追いつくことが国自宅戦略として求められるだろう」としている。

 なおIDCでは、今回の報告書に引き続き、ハードウェアやソフトウェア、ITサービス、IT投資などの各領域について、東昼間の場合間本大震災の影響を考慮したマーケット予測報告書を公表していく計画である。

(Computerworld.jp)



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

マヤ文明、やせた余地で隆盛した事情

お知らせ:
東昼間の場合間本大震災 被災者支援のための機能やサービス
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        マヤ文明、やせた余地で隆盛した事情ナショナルジオグラフィック 公式昼間の場合間本語サイト 4月15昼間の場合間(金)15場合9分配信  古代マヤでは火山から遠く離れた都市でも度々火山灰の降下を浴びていたことが、最新の探求で明らかになった。この発見によって、マヤの古代都市がやせた土壌でも存続し隆盛できた事情を説明できる割合がある。

         グアテマラ、ティカル遺形跡の運河形跡で近頃、めりはり的な灰褐色の粘土鉱物が発見された。スメクタイトの一類で、火山灰の分解によってのみ形成される。ティカルはかつてマヤ南部の低地で最大の都市であった。

         このティカルのスメクタイトは、アフリカから気流に乗って運露見してきた塵に由来するというのが一般的な見方だったが、化学的分析によって、現在のグアテマラやエルサルバドル、ホンジュラス、メキシコにある複数の火山から来たものであることが明らかになった。探求を率いたシンシナティ大学の人類学者ケン?タンカースリー氏は、この鉱物から決断すると、「再三火山活動があったと考えられる」と告白する。

         今回の発見従来から、火山に近い高地マヤの都市では噴火の影響を大きく浴びてい無料ろうことが知られていた。例えばエルサルバドルのチャルチュアパという村は、目と鼻の先にあるイロパンゴ火山の噴火によって6世紀にすっかり地中に埋まりた。

         だが、火山から数百キロも離れた低地マヤの都市で噴火の影響がどの程度あったのかはこれまで理解していなかった。しかし今回の探求によって、低地マヤには遠く高地マヤの山々からの火山灰が気流に乗って絶えず運露見していたようだと分かった。

         タンカースリー氏らのチームは、今回ティカルで発見された粘土鉱物は、紀元前340~紀元990年ごろまでの2000年近い期間をかけて堆積したものと企てている。噴火の回数と頻度、火山灰がどの火山に由来するものかなどについては、今のところ確認する手立てがないとタンカースリー氏は告白する。「ある場合期のマヤに生活ていれば、おそらく生涯のうちに1度かそれ以上、(火山)活動を体験し無料ろう」。

         ティカルでは近頃の1960年代にも、火山灰の効果が報告されているとコロラド大学の人類学者ペイスン?シーツ氏は告白する。シーツ氏は今回の探求には関係していない。

         マヤ文化への火山の影響を専門にするシーツ氏によれば、今回の発見は低地マヤの都市の最大の謎を解く鍵に入る割合があり、「きわ入れ重要だ」という。「文献によく書かれているのは、この地域の土壌が風化した石灰岩に由来するために、たいそうもろくて、やせているということだ」。

         それでもティカルなどの都市では1平方キロ当たり400~600人を養えていたことを示す考古学的物証が残されている。「比較的やせた土壌の熱帯の余地で可能だと考えられる人口密度に比べてずっと高い」とシーツ氏は告白する。

         もし低地マヤの土壌が数年から数十年おきに火山灰の降下を浴びていたのなら、これらの土壌は定期的に肥えている化されていたと言える。火山灰のために土壌の浸透性と間隙率が大きくなって保水力が高まり、余地が豊かに入る。また火山灰には、鉄やマグネシウムなど、植物に良いミネラルが多く含まれている。

        「これらの土壌が定期的に肥えている化されていたのであれば、あれほどの人口密度を拠り所られた事情がいくつか明らかに入る」とシーツ氏は言う。

         シーツ氏の試算では、火山灰がほんの数ミリ堆積し無料けでも、土壌の肥えているなコンディションが「少なくとも10~20年」は保たれる。数感傷的堆積すれば、より長い期間にわたって、土壌の生産性が大幅に向上し無料ろう。

         しかし、謎がすっかり解けたわけではない。火山灰の小さな粒坊主によって、植物の花粉を媒介する昆虫は多数死滅し無料ろうし、火山灰によって酸性雨が降れば穀物に打撃が出所した割合もあるとシーツ氏は告白する。

         全体的に見れば、火山活動は古代マヤの生活の大切な部分を占入れいたとシーツ氏は言う。例えば高地マヤの都市の寺院のいくつかは、聖地である火山を模倣している。「寺院建築には上部に複数の扉があって、マヤの人々はそこに香を詰めた。立ち上る煙が先祖の霊魂や神々へのさまざまなメッセージを伝言すると考えられていた」。

         しかし、ティカルなどの低地マヤの都市の寺院にも同じような着想が見られるかどうかは明らかではない。なお、ティカルからは火山は1つも見えない。

         火山の噴火はマヤの世界観にも同化しているとシーツ氏は言う。マヤでは、人生は危機にも機会にもなりうる出来事に満ちており、人間のふるまい次第でその均衡を取れると考えられていた。火山が噴煙を上げても、それは是非ともしも滅亡の先触れではない。火山灰によって余地を肥えているにしたり、土器を強化するのに利用したりといった恩恵も浴びられる。

         また、マヤの人々は噴火を抑制できると考えていた。彼らは火山活動を鎮めようとして、「流血を伴う儀式を行い、神々を敬い、先祖の霊魂に供物を捧げるなどした」とシーツ氏は言う。「マヤの宗教は人間に多大な力を与えていた。その中核をなすのは人々だった」。

         今回の探求を率いたタンカースリー氏は、予測できない火山活動もまた、マヤの文化の中核を成していたと力説する。「彼らは寺院を火山の形に作った。儀式も火山活動を模倣するものだった。マヤの人々にとって、火山は人生の一部、それも欠かすことのできない一部だった」。

         この探求は3月30昼間の場合間~4月3昼間の場合間にカリフォルニア州サクラメントで開催されたアメリカ考古学協会の年次総会で報告された。

        Ker Than for National Geographic News


        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

東昼間の時間本大震災から1カ月、世界への揺り返しは許す(1)=中国メディア

 東昼間の時間本大震災の発生から4月11昼間の時間でちょうど1カ月となったが、世界経済への揺り返しは引き続いている。中国網昼間の時間本語版(チャイナネット)が報じた。

 昼間の時間本は世界的に大切な電坊主製気品生産国で、世界の部気品第一面メーカーの主な輸出先だ。東昼間の時間本大震災は被災地の工場、電力、通信などインフラに深刻な打撃を与え、多くの原素材生産工場が被災地に所在していたことから、昼間の時間本のメーカーのメモリやメモリ生産量に明らかな影響が出ており、世界経済におよそ4700億ドルの損失を与えるという。世界を争うシリコンウェハーメーカーである信越化学工業の福島工場は地震と津波で破壊され、暫定的に閉鎖せざるを得ない状況だ。

 ボストンコンサルティンググループ(BCG)は先だっての報告書で、昼間の時間本の地震と関連事故が世界のインフレの誘因となり、世界経済の再起を障害ることに入るかもしれないと推測している。

 報告書では、昼間の時間本は困難な状態界にある世界経済に融資を求入れくるであろうと指摘、劣悪の想定では、今回の震災が各国の公的債務レベルを引き上げ、インフレを増長し、新たな金融バブルを発生させ、脆弱な世界経済の再起に深刻な損害を与える恐れがあるという。

 この状況下では、先進国は低利率での貨幣供給を増加し継続し、新規の金融緩和策と国債の発行を進めることが考えられる。米国が紙幣発行を進め、ドル安がさらに進めば、大量の米ドルを保持つ中国にも世間貨用意高縮小という危険が波及することもありえる。(つづく 編集担当:米原裕坊主)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【東昼間の時間本大震災】IDC、IT生産にかかわる材料/部気品メーカーの復旧視界と生産高への影響を公表

 IDC Japanは4月14昼間の場合間、東昼間の場合間本大震災が国内IT生産に与える影響についての報告書の第一弾を公表した。IT生産に欠かせない材料、部気品メーカーの被災状況と復旧視界、2011年通年での生産に与えるインパクトをまと入れいる。

【詳細画像を含む記事】

 今回IDCは、IT製気品に使用される48の材料について、50メーカーの68事業所に対しインタビュー(真っ直ぐ訪問、電話)および情報収集(プレスリリース、競合他社のコメントなどによる)を実施。各メーカーのマーケットシェアをベースに、部気品在庫状況や建屋、交通網/物流の復旧状況、フル生産開始までに要する期間などを考慮して、2011年の生産高インパクトを推定している。

 半導体用シリコンウェハ(半導体ウェハ)の領域では、世界マーケットシェア30%を持つ信越化学工業(信越半導体)と、同シェア20%のSUMCO、同シェア5%の米国MEMC Electronic Materialsの事業所がそれぞれ被災している。合計で世界シェアの55%を占めるウェハ?メーカーの生産根拠地が停止したことにより、半導体メーカーへの供給不足が心配されている。

 IDCでは、2011年でのウェハ生産高への影響について、10%の減少を予測している。同昼間の場合間の記者説明会においてIDC Japan シニアアナ書き出したの木村 融人氏は、これらの生産根拠地は震災発生後5~7週間で部分的ながらも復旧をやっぱりおり、「4月中旬場合点で見ると物事はちょっぴり良くを見せている。良くのペースは速くなっている」と述べた。

 また、ウェハの供給不足によって、短期的なLSI(集積回路)の供給不足が生じることも予測されている。例えば、NAND型フラッシュ?メモリの世界シェア30%を担う東芝セミコンダクター(生産根拠地は三重県四昼間の場合間市市)は、ウェハの供給不足などにより震災前の生産レべルへの復旧に14~22週間かかり、通年の生産高へも若干のマイナス影響を浴びると予測されている。

 そのほか、カー?ナビゲーション?システムなどで使われる組み込み使い道のSoC(System On a Chip)に関しても、世界シェア75%を占めるルネサスエレクトロニクスの事業所(茨城県ひたちなか市)が被災し、マイナス14%の影響が見込まれている。また、半導体の洗浄に使われる超純 酸化水素について、世界シェア30%、国内シェア60%を持つ三菱ガス化学の事業所(茨城県鹿嶋市)が被災し復旧までに14~22週間がかかるものとされているが、他地域の事業所などから40%の生産量を確保できる視界だとしている。

 同社リサーチバイスプレジデントの中村智明氏は公表の中で、「半導体ウェハについては、海世間のウェハ?ファウンドリーでの増産が見込まれるが、産業の米ともいわれる半導体産業の国内製造者の地位の低下に直結するため、早期に復旧の視界を立てることが重要」だと述べている。また、夏期の供給不足が心細いされる東北、関東の電力理由については、「4月8昼間の場合間に政府から公表された計画停電の原則停止は朗報だが、むしろ優先的に電力供給を行う心遣いが不可欠である。中長期的にはスマートグリッド化を出足し、需要自宅ごとに個別に需給均衡のコントロールをきめ細かく行える欧米スタイルの電力管理に早く追いつくことが国自宅戦略として求められるだろう」としている。

 なおIDCでは、今回の報告書に引き続き、ハードウェアやソフトウェア、ITサービス、IT投資などの各領域について、東昼間の場合間本大震災の影響を考慮したマーケット予測報告書を公表していく計画である。

(Computerworld.jp)



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

銘柄巡回(1):東電、岩崎電、東エレク、コマツ、住金、ローソンなど

 東京電力 <9501> 469 -31
 続落。朝方は損害賠償と保険業務を担う専門組織「原発賠償?保険機構」(仮称)を興す案が政府内で浮上してきたと伝えられ上伸する場面があったが、買い一巡後は一転して売り物に押されている。機構は政府保証でお金を民間金融機関から借りめてて早期に補償を実施する一方で、東電に対して実質的に資本注入するといしている。りそなHD <8308> 方式での国有化に近い案で、JALのように上場廃止にはならないと見られるが、既に前昼間の場合間にこれに近い内容が部分的に伝えられていた。

 岩崎電気 <6924> 220 +18
 買い人気化。一場合前昼間の場合間比1割超上昇しており、東証1部の値上がり率ベストテン入り。大証2部マーケットで遠藤照明 <6932> 、ジャスダックマーケットで光波 <6876> が連昼間の場合間で年初来高値を書き換え。いずれもLED(発光ダイオード)照明を手がけており、14昼間の場合間にはセブン-イレブン?ジャパンが100億円強、ローソン <2651> が70億円強をかけて東電管内の各店舗などにLED照明をめてる方針を表明したことが買い素材となった。今後、他の企業でも夏場の電力使用抑制策としてLED照明をめてる動向が拡散するとの思惑が浮上している。光波を8月1昼間の場合間付けで完全坊主会社化する方針のタムラ製作所 <6768> も上伸。

 東京エレクトロン <8035> 4385 -125
 半導体関連株が安い。東京エレクトロンや信越化学 <4063> 、ディスコ <6146> が売られている。東京エレクトロン、ディスコについては米系証券が投資決断を「買い」から「アンダーパフォーム」に一気に引き下げたことが売り素材となった。夢株価は東京エレクトロンが以前の6000円から4000円に、ディスコが6200円から5100円に一気に引き下げ。大昼間の場合間本スクリーン <7735> も投資決断「買い」から「中立」に、夢株価も1050円から800円に引き下げ。同証券では、「震災から1ヵ月を経て、今後はサプライチェーンの混乱が株価に織り込まれていく」としたほか、「部材不足により半導体メーカーの稼働率が低下、SPE(半導体製造装置)受注が下振れる」としている。

 コマツ <6301> 2785 -42
 後場に入り下げ幅を拡大。前引け直後に中国の3月消費者物価指数(CPI)が前年同月比5.4%上昇となり、マーケット見当をやや超える数値となったため中国の金融引き締め観測が浮上し、中国関連株の筆鶏冠格である同社株が売られた。3月のCPIのマーケット見当は前年同月比5.2%上昇だった。伸び率は10年11月以来、4カ月ぶりに5%を超えた。

 住金 <5405> 173 -2
 続落。14昼間の場合間に、東昼間の場合間本大震災により鹿島製鉄所の設備などが浴びた打撃額の概算を公表したことが売り素材となった。2011年3月期に特別損失として約600億円を計上し、2期連続の最終赤字と入る視界。鹿島製鉄所の減産に伴う販売減少で約20億円の利益減少と入る見込み。全設備の稼働完了までの原状回復経費、固定財産の滅失損失のほか、3月中に発生した同製鉄所の減産による操業度損失などで約600億円の災害損失が発生する。期末配当については、1株につき2円50銭を計画していたが、「未定」とした。米系証券では、「自動車を中心とする需要自宅の減産影響や原料費上昇の鋼材値段未転嫁に伴い、12年3月期の大幅な業績悪化を織り込んだとは言えず、株価の低迷は続きそう」としている。

 ローソン <2651> 4005 +85
 続伸。14昼間の場合間公表した2011年2月期の連結営業利益が10.5%増の555億4000万円、2012年2月期も3.5%増の575億円と連続増益視界となったことを好感している。まめな出店を図るほか、既存店売上高2.5%増を見込む。年間配当は前期170円(中間85円、期末85円)から175円(中間87円、期末88円)に増配する。ゴールドマン?サックス証券は、同社の投資決断「中立」、今後12ヶ月の夢株価3900円を続けた。会社計画利益数値は保守的と決断し、GS今来期営業利益見当を据え置くという。なお、今期配当は5円の増配で175円で現株価ベースの配当利回りは4.5%と株価のサポートと入ると指摘。ストア100、生鮮強化型店舗、など発育割り知ってパブ確立は課題も業績は安定的だそうだ。

 リパブエレテック <6666> 474 +29
 ジャスダックマーケットで3連騰。14昼間の場合間公表の2011年3月期の業績見当の増額修正と復配が好感された。連結営業利益は以前見当1200万円からを9900万円に上振れた。平均販売値段が想定以上に推移したほか、原価削減が寄与した。以前は一番配の計画だったが、配当3円を実施する。復配は2期ぶり。

 エルピーダ <6665> 1182 -9
 マイナス転換。一部で2011年3月期連結営業利益が前の期に比べ30%増の350億円程度になったと伝えられ、堅調展開となっていたが、午後1場合過ぎから下げに転じた。前昼間の場合間にはドイツ証券の投資決断「ホールド」から「バイ」への引き上げなどから上伸しており、週末も後場に入り利益確定売りが出所した。2011年3月期については、タブレット端末向けなどに持ち運び用DRAMの出荷が伸びたほか、微細化による原価削減も寄与した。決算公表は5月12昼間の場合間の計画。

 サンリオ <8136> 2651 +86
 3連騰。13昼間の場合間公表の2011年3月期業績の上方修正が引き続き買い手掛かりとなっている。連結営業利益は以前見当129億円から17億円超える146億円(前年比57%増)に上振れた。純利益は70億円から91億円に膨張した。「ハローキティ」などのライセンス所得が欧米で伸びた。

 ツガミ <6101> 563 -20
 場に入りマイナスに転じた。前引け後に2011年3月期の業績見当を減額修正し、嫌気された。連結経常利益は以前見当の42億円から35億円に下振れした。その前の期は1億1700万円の赤字だった。中国などアジア新興国向け需要は順調だが、国内需要はHDDを含むIT関連の回復が遅れたことで売り上げが見当を下回った。(編集担当:佐藤弘)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

自動車生産再び停止も---自動車用半導体生産が14%減

IT調査会社のIDCジャパン(竹内正人代表取締役、東京都千代田区)は、東昼間の場合間本大震災の国内IT生産への影響度を調査し公表した。それによるとSoC(システムオン心づけ)と呼ばれる自動車用半導体の生産高は前年比14%減少するとしている。

IT生産に使われる48の材料について、50のメーカーの68の事業所について、復旧までの期間と2011年の生産高へのインパクトを調査した。

それによると、半導体産業で世界シェアの55%を占めるウエハー工場の3根拠地が停止したことにより、ウエハーの世界生産高が10%減る。自動車向けSoCは世界シェアの75%を有する事業所が被災。自動車業界から150人以上の応援を浴びて復旧に当たっているが、生産再開は7月以降に入る視界。5月下旬から6月末までは供給視界が立っていないため、多くの自動車メーカーで一場合的な操業停止が避けられない、としている。一方、持ち運び電話用の製気品の一部は台湾のTSMCへの製造委託が始まっており、影響は軽微としている。

半導体の洗浄に使われる超純過酸化水素の国内シェア60%を有する化学工場が、コンビナート全体の被災により停止している。復旧に数か月かかるが、他の事業所の回復で40%の生産量を確保できる視界。2011年の生産量は14%の減少が見込まれるとしている。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ネットで電力使用量把握、節電助言も=省エネ新システムの家発売―積水化学

 積水化学工業<4204>は15昼間の時間、自宅庭の省エネルギーを促進する新型システムを搭載した戸建て家「スマートハイム」を29昼間の時間に発売すると公表した。システムはNECと共同で開発したもので、自宅電の消費電力量や料金などの情報をインターネット経由でデータセンターに集約。居住者はパソコンや持ち運び電話から専用サイトに接続すれば、自分がどれだけ電力を無くなっているかといった情報を簡単にリアルタイムで把握できる。 


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間合成、酢酸ビニルモノマーなど3製気品値上げ=4月以降、10~15円

 昼間の時間本合成化学工業<4201>は15昼間の時間、業務用接着剤などに使用される酢酸ビニルモノマーと塗料溶剤に使われる酢酸ブチル、酢酸エチルの計3製気品について、国内出荷値段を1キログラム当たり10~15円引き上げる方針を決め、販売先と折衝になると公表した。値上げは酢酸ブチルが4月1昼間の時間出荷分から、残る2製気品は5月1昼間の時間出荷分から。 


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

the pillows山中さわお、初の独唱?ツアー。相棒はYOUNGSTER

現在、「HORN AGAIN TOUR」を展開中のthe pillowsのフロント?マン、山中さわおの独唱?ツアーが決定した。「SAWAO VS. YOUNGSTER」と題されたこのツアー、普段から山中と親交の深い若手バンドとの対バン形式と入る。全国6か所の公演が計画されており、全会場に帯同するカミナリグモをはじめ、LOVE LOVE LOVE、シュリスペイロフが、山中との競演を果たす。

2004年にリリースされたthe pillowsトリビュート?アルバムにはMr.Children、BUMP OF CHICKEN、ELLEGARDENらが参加、2006年にはMr.Childrenと対バン?ツアー、2010年には同世代の怒髪天、THE COLLECTORS、Theピーズ、TOMOVSKYと「Born in The ‘60s Tour」を敢行するなど、これまで関わりの深いアーティストとのコラボレーションをまめに実現させてきたthe pillowsだが、初の山中独唱?ツアーの相棒に選んだのは「YOUNGSTER」(=若者)。想像をとても上回る“化学動作”が天性るツアーになりそう。

なお5月7昼間の時間(土)のチケット一般発売に先駆けて、4月22昼間の時間(金)まで各バンドのオフィシャルHPにて先行予約を受付中。

<SAWAO VS. YOUNGSTER>
6月16昼間の時間(木)大阪 CLUB QUATTRO
出演:山中さわお、カミナリグモ、LOVE LOVE LOVE
6月18昼間の時間(土)福岡 DRUM SON
出演:山中さわお、カミナリグモ、LOVE LOVE LOVE
6月19昼間の時間(昼間の時間)広島 NAMIKI JUNCTION
出演:山中さわお、カミナリグモ、LOVE LOVE LOVE
6月21昼間の時間(火)名古屋 CLUB QUATTRO
出演:山中さわお、カミナリグモ、シュリスペイロフ
6月24昼間の時間(金)札幌 cube garden
出演:山中さわお、カミナリグモ、シュリスペイロフ
6月30昼間の時間(木)渋谷 CLUB QUATTRO
出演:山中さわお、カミナリグモ、LOVE LOVE LOVE、シュリスペイロフ


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【地震】国内IT産業、震災インパクト大きい自動車向けSoC……IDC Japan

 IDC Japanは14昼間の時間、東昼間の時間本大震災による国内IT関連事業所への影響と復旧視界、および2011年の生産インパクトについての報告書の公表会を実施した。

他の写真を見る

■DCモータ、自動車、印刷
工場が原発避難地域にある昼間の時間立化成工業

 次に比較的インパクトの大きな領域について、中村氏が説明を加えた。昼間の時間立化成工業(福島)のDCモータ用(鉄道向け)カーボンブラシのグローバルシェアは70%と高い。そして工場が福島?浪江市にあり、原発による避難地域に入っている。したがって、いまでも復旧できないコンディションにあるため、-10%とインパクトが大きい。「無料し、ユーザー側で半年ほど保守部気品の在庫があるため、その間に根拠地移管が行われれば影響も抑えられる」(中村氏)と見ている。とはいえ半年を越えても工場の移管が行われなければ、よほどなインパクトに入るかもしれない。

 また高濃度(30wt%)の超純過酸化水素を供給する三菱ガス化学(茨城)も鹿島工場が停止しており、インパクトも-14%と大きい。国内シェアが60%(WWでは30%)もあり、重大な状況だ。超純過酸化水素は、ウェハーの洗浄や紙の漂白などに使われるものだが、劇薬で運搬に留意する不可欠があり、輸入もお手数だ。「無料し国内シェア2位(20%)の昼間の時間本パーオキサイドがいち早く復興した。すでに生産を開始しているので、他メーカーの工場も含入れ、残りの40%程度の供給で目処がついている」(中村氏)。また鹿島コンビナートも一部復旧を開始しており、復旧速度が若干速まるかもしれないという。

●インパクトの大きい自動車向けのSoC、一部操業停止で生産高14%減少

 そのほかインパクトが大きいものとして、ルネサスエレクトロニクス(茨城)がある。同社はカーナビの本職セッサーで75%の世界シェアを持っている。さらに一部のHDDコントローラー部でも25%のシェアがある。「7月復旧を目処にして考えても、2011年の自動車向けSoC(System-On-a-Chip)の生産高は14%ほどの減少が見込まれる。5月下旬以降、6月末までは供給の視界が立っておらず、多くの自動車メーカーで一時的な操業停止が避けられない視界だ。無料し自動車業界で復旧の応援が入り、6月ぐらいまでに回復するとの情報もある。そうなればちょっぴり数値の良くがみられるかもしれない」(中村氏)という。

 中村氏は、さらにルネサス全体の状況について詳細に説明した。ルネサスエレクトロニクスは茨城(那珂)、山梨(甲府)、群馬(高崎)に事業所があり、ルネサス山形セミコンダクタ、ルネサスハイコンポーネンツ(青森)といった関連会社もある。このうちルネサスエレクトロニクスで最も影響を浴びているのは茨城県の那珂事業所だ。そのほかの山梨、群馬、山形などの工場は真っ直ぐ打撃というより計画停電の関係が大きかったが、これが原則停止になったので良くする見込み。一方、異常の那珂事業所では、前出のようにSoC、32ビットMPU、自動車向け部気品(ECU)、持ち運び電話向けアプリケーション本職セッサなどを製造しており、半導体製造の前工程で大きな影響を浴びている。

 半導体製造工程は前工程と後工程に分けられ、前工程はリソグラフィノウハウによって回路をウェハーに再三刻んでいく過程が中心。一方、後工程はデバイスを製造するために配線したり、パッケージングやテスティングを行う過程で、こちらは比較的早く復旧できるという。前工程は通常投入してから製気品ができるまでに2~3ヵ月はかかる(自動車向け部気品の時は、さらに足が長く、時間がかかる)。そのためルネサスでは、他社への製造委託も企てているそうだ。

 たとえば持ち運び電話向け部気品の一部は、すでにTSMC(台湾)への製造委託を始入れおり、影響は軽微と入る見込み。また自動車向け部気品の一部は、海世間ファウンドリング(シンガポール)へ生産を移転。したがって生産の半分は世間部に委託できる。無料し残りの半分は、絶対に那珂事業所で内製せざるを得ない状況で、そこがネックになっているという。それでも自動車向け部気品に関しては、走行のために果たして不可欠なものかを仕経緯することで、影響を最小限にとど入れいるという。中村氏は「カーナビなどディーラーオプションで取り付けられるものは後からでも対応できる。工場オプションであっても、後から持ち込みで取り付ければよい。カーナビを付けないで出荷するなど、震災直後からできるだけ影響を与えないようにしている状況だ」と説明する。

●新聞印刷などにも影響

 さらに、いまかなり厳格状況にあるのがインク溶剤(メチルエチルケトン)だ。新聞印刷やオフセット印刷用のインク溶剤が供給できないと心配されている。千葉県?市原市で炎上したコスモ石油コンビナートに隣接する丸善石油化学が全壊しており、リカバリーまでに1年ぐらいかかる計画。国内生産の60%を占入れおり、対応策としてリサイクルや代替溶剤(酢酸ノルマル本職ピン、酢酸エチル)も企てているとのこと。あるいはインドネシアからの非常輸入も行って、どうにか影響がでないように努力しているところだが、まだどう入るか予断を許さない状況だ。

 IDCでは、今後も震災を加風味したインパクトについての予測報告書を公開していく計画だという。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

the pillows山中さわお、初の独唱?ツアー。相棒はYOUNGSTER

現在、「HORN AGAIN TOUR」を展開中のthe pillowsのフロント?マン、山中さわおの独唱?ツアーが決定した。「SAWAO VS. YOUNGSTER」と題されたこのツアー、普段から山中と親交の深い若手バンドとの対バン形式と入る。全国6か所の公演が計画されており、全会場に帯同するカミナリグモをはじめ、LOVE LOVE LOVE、シュリスペイロフが、山中との競演を果たす。

2004年にリリースされたthe pillowsトリビュート?アルバムにはMr.Children、BUMP OF CHICKEN、ELLEGARDENらが参加、2006年にはMr.Childrenと対バン?ツアー、2010年には同世代の怒髪天、THE COLLECTORS、Theピーズ、TOMOVSKYと「Born in The ‘60s Tour」を敢行するなど、これまで関わりの深いアーティストとのコラボレーションをまめに実現させてきたthe pillowsだが、初の山中独唱?ツアーの相棒に選んだのは「YOUNGSTER」(=若者)。想像をとても上回る“化学動作”が天性るツアーになりそう。

なお5月7昼間の時間(土)のチケット一般発売に先駆けて、4月22昼間の時間(金)まで各バンドのオフィシャルHPにて先行予約を受付中。

<SAWAO VS. YOUNGSTER>
6月16昼間の時間(木)大阪 CLUB QUATTRO
出演:山中さわお、カミナリグモ、LOVE LOVE LOVE
6月18昼間の時間(土)福岡 DRUM SON
出演:山中さわお、カミナリグモ、LOVE LOVE LOVE
6月19昼間の時間(昼間の時間)広島 NAMIKI JUNCTION
出演:山中さわお、カミナリグモ、LOVE LOVE LOVE
6月21昼間の時間(火)名古屋 CLUB QUATTRO
出演:山中さわお、カミナリグモ、シュリスペイロフ
6月24昼間の時間(金)札幌 cube garden
出演:山中さわお、カミナリグモ、シュリスペイロフ
6月30昼間の時間(木)渋谷 CLUB QUATTRO
出演:山中さわお、カミナリグモ、LOVE LOVE LOVE、シュリスペイロフ


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【地震】国内IT産業、震災インパクト大きい自動車向けSoC……IDC Japan

 IDC Japanは14昼間の時間、東昼間の時間本大震災による国内IT関連事業所への影響と復旧視界、および2011年の生産インパクトについての報告書の公表会を実施した。

他の写真を見る

■DCモータ、自動車、印刷
工場が原発避難地域にある昼間の時間立化成工業

 次に比較的インパクトの大きな領域について、中村氏が説明を加えた。昼間の時間立化成工業(福島)のDCモータ用(鉄道向け)カーボンブラシのグローバルシェアは70%と高い。そして工場が福島?浪江市にあり、原発による避難地域に入っている。したがって、いまでも復旧できないコンディションにあるため、-10%とインパクトが大きい。「無料し、ユーザー側で半年ほど保守部気品の在庫があるため、その間に根拠地移管が行われれば影響も抑えられる」(中村氏)と見ている。とはいえ半年を越えても工場の移管が行われなければ、よほどなインパクトに入るかもしれない。

 また高濃度(30wt%)の超純過酸化水素を供給する三菱ガス化学(茨城)も鹿島工場が停止しており、インパクトも-14%と大きい。国内シェアが60%(WWでは30%)もあり、重大な状況だ。超純過酸化水素は、ウェハーの洗浄や紙の漂白などに使われるものだが、劇薬で運搬に留意する不可欠があり、輸入もお手数だ。「無料し国内シェア2位(20%)の昼間の時間本パーオキサイドがいち早く復興した。すでに生産を開始しているので、他メーカーの工場も含入れ、残りの40%程度の供給で目処がついている」(中村氏)。また鹿島コンビナートも一部復旧を開始しており、復旧速度が若干速まるかもしれないという。

●インパクトの大きい自動車向けのSoC、一部操業停止で生産高14%減少

 そのほかインパクトが大きいものとして、ルネサスエレクトロニクス(茨城)がある。同社はカーナビの本職セッサーで75%の世界シェアを持っている。さらに一部のHDDコントローラー部でも25%のシェアがある。「7月復旧を目処にして考えても、2011年の自動車向けSoC(System-On-a-Chip)の生産高は14%ほどの減少が見込まれる。5月下旬以降、6月末までは供給の視界が立っておらず、多くの自動車メーカーで一時的な操業停止が避けられない視界だ。無料し自動車業界で復旧の応援が入り、6月ぐらいまでに回復するとの情報もある。そうなればちょっぴり数値の良くがみられるかもしれない」(中村氏)という。

 中村氏は、さらにルネサス全体の状況について詳細に説明した。ルネサスエレクトロニクスは茨城(那珂)、山梨(甲府)、群馬(高崎)に事業所があり、ルネサス山形セミコンダクタ、ルネサスハイコンポーネンツ(青森)といった関連会社もある。このうちルネサスエレクトロニクスで最も影響を浴びているのは茨城県の那珂事業所だ。そのほかの山梨、群馬、山形などの工場は真っ直ぐ打撃というより計画停電の関係が大きかったが、これが原則停止になったので良くする見込み。一方、異常の那珂事業所では、前出のようにSoC、32ビットMPU、自動車向け部気品(ECU)、持ち運び電話向けアプリケーション本職セッサなどを製造しており、半導体製造の前工程で大きな影響を浴びている。

 半導体製造工程は前工程と後工程に分けられ、前工程はリソグラフィノウハウによって回路をウェハーに再三刻んでいく過程が中心。一方、後工程はデバイスを製造するために配線したり、パッケージングやテスティングを行う過程で、こちらは比較的早く復旧できるという。前工程は通常投入してから製気品ができるまでに2~3ヵ月はかかる(自動車向け部気品の時は、さらに足が長く、時間がかかる)。そのためルネサスでは、他社への製造委託も企てているそうだ。

 たとえば持ち運び電話向け部気品の一部は、すでにTSMC(台湾)への製造委託を始入れおり、影響は軽微と入る見込み。また自動車向け部気品の一部は、海世間ファウンドリング(シンガポール)へ生産を移転。したがって生産の半分は世間部に委託できる。無料し残りの半分は、絶対に那珂事業所で内製せざるを得ない状況で、そこがネックになっているという。それでも自動車向け部気品に関しては、走行のために果たして不可欠なものかを仕経緯することで、影響を最小限にとど入れいるという。中村氏は「カーナビなどディーラーオプションで取り付けられるものは後からでも対応できる。工場オプションであっても、後から持ち込みで取り付ければよい。カーナビを付けないで出荷するなど、震災直後からできるだけ影響を与えないようにしている状況だ」と説明する。

●新聞印刷などにも影響

 さらに、いまかなり厳格状況にあるのがインク溶剤(メチルエチルケトン)だ。新聞印刷やオフセット印刷用のインク溶剤が供給できないと心配されている。千葉県?市原市で炎上したコスモ石油コンビナートに隣接する丸善石油化学が全壊しており、リカバリーまでに1年ぐらいかかる計画。国内生産の60%を占入れおり、対応策としてリサイクルや代替溶剤(酢酸ノルマル本職ピン、酢酸エチル)も企てているとのこと。あるいはインドネシアからの非常輸入も行って、どうにか影響がでないように努力しているところだが、まだどう入るか予断を許さない状況だ。

 IDCでは、今後も震災を加風味したインパクトについての予測報告書を公開していく計画だという。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス

Author:physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。