へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力不足で4兆円損失 川下まで影響 GDP押し下げ

 東京・東北電力管内で大幅な電力供給不足が見込まれる中、製造業の生産活動への影響を懸念する声が高まっている。現時点でも大量に電力を使う素材産業のダメージが大きく、川下の最終製品の生産にまで波及しつつある。電力不足が長期化する見通しの中で、産業界の2011年度の実質GDP(国内総生産)で4兆円近くのマイナス要因になるとの試算も出ている。

 「アルミニウムの生産工程では溶解炉をいったん止めると温度が急激に下がってしまう。これでは商品にならない」

 日本アルミニウム協会の石山喬会長(日本軽金属社長)は今後の電力供給不足に不安を募らせる。アルミの圧延工程では、十数時間連続して温め続けないといけないからだ。電力不足への対応策として、神戸製鋼所はアルミ生産拠点の真岡製造所(栃木県真岡市)に全国の事業所から調達した自家発電機を十数台導入したが、「この程度の電力では、とても生産をまかなうことはできない」(同社)とため息をつく。

 第一生命経済研究所の試算によると、今年度いっぱい電力不足が続いた場合、業種別の実質GDPへの影響が最も大きいのが非鉄金属で、マイナス3.8%。非製造業やサービス業などを含めた産業全体では、11年度の実質GDPを最大で0.84%押し下げ、3.9兆円の損失になると見込んでいる。

 アルミや銅は電子部品の部材にも用いられており、産業界全体に与えるインパクトは大きい。スマートフォン(高機能携帯電話)の回路基板などに使われる電解銅箔を手がける三井金属は震災以降、生産拠点の上尾工場(埼玉県上尾市)の操業を停止。「電力供給が安定しない限り、品質保証ができない」(同社)としており、操業開始のめどは立っていない状況だ。

 その他の素材産業でも影響は避けられない。セメント業界では自家発電設備を持っていない工場も多いうえ、「電力供給が滞って運転や停止を繰り返すと、炉が損傷する」(セメント協会)という。

 パルプ・紙業界にも影を落とす。トイレットペーパー製造の信栄製紙(静岡県富士宮市)によると、電力不足で停電となった場合、生産設備の電源を再び立ち上げるのに1時間半もかかるうえ、紙が詰まるなどのトラブルが起きやすくなる。紙の溶解や乾燥に大量の電力を使う古紙リサイクル業では特に影響が大きいという。

                   ◇

 ■生産活動の停滞 復興需要を圧迫

 自動車業界では部品メーカー、それも2次、3次下請けで影響度合いが大きい。「鋳造や加熱しながらのプレスなど熱処理工程では、操業中に停電となった場合は稼働率は5割以下になる」(ある部品メーカー幹部)。部品調達難に陥れば、完成車メーカーも大規模な操業停止にもつながり、損失額はさらに膨れあがる。

 電機業界では、とりわけ半導体への影響が大きい。ルネサスエレクトロニクスは、那珂工場(茨城県ひたちなか市)で生産が再開できていない。半導体は瞬間的な停電や電圧低下が製品の品質に影響するため、不安定な電力供給が直撃している。

 一方、電力消費が大きい化学業界は連続操業に備えて多くは自家発電設備を備えており、影響を最小限にとどめている。三井化学の市原工場(千葉県市原市)では、夜間など電気料金の安い時間帯に東京電力から買電するのを止め、自家発電を24時間態勢でフル稼働させている。鉄鋼業界も、高炉各社は高炉からの熱源を活用した発電で生産を賄っている。

 電力不足による生産活動の停滞は、復興需要も押し下げかねない。阪神大震災では発生から半年後には復興需要が顕在化したが、東日本大震災の場合、電力不足は当面解消されず、「資材や機械不足で(11年度に5兆~8兆円とされる)復興需要自体が圧迫される可能性がある」(第一生命研の永浜利広主席エコノミスト)。

 日本経団連は夏場の停電を防ぐため業界ごとの自主節電計画を作成する一方で、政府は電力の使用制限を検討しているが、いずれにしても電力供給不足が工場稼働に影響を与えるのは必至だ。

 「電力需要が少ない夜間に生産シフトさせるだけでも効果は高い」(永浜氏)ため、日本経済の停滞を防ぐ産業界の知恵と実行力が求められている。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

7日相場見通し 米株堅調を好感も、トリプル安懸念が日ごとに強まる

 6日の米国株式市場では、NYダウは反発し、ナスダック総合指数は続伸した。VIX指数(恐怖指数)は同0.35(2.03%)安の16.90だった。ドイツ銀行など欧州の大手銀の数行の資本増強計画や、シスコのチェンバースCEOが、業務改革に取り組む姿勢を示したとの報道などが、好感された。

 NY円相場は対ドルで続落し、対ユーロで大幅に続落した。NY原油先物相場は反発した。NY金先物相場は3日続伸した。シカゴ日経平均先物(円建て)は9655円大証清算値比45円高だった。

 ECBは7日に0.25%利上げし、年内にもさらに利上げするとの見方が強まり、FRBも量的緩和の拡大策を6月で打ち切るとの観測が強まっている。また、中国は5日、インフレ抑制を目的に昨年10月から4回目の利上げを発表した。世界的なインフレ懸念の高まりを受け、日本以外の主要国は利上げラッシュに入ったとみられる。

 これは円安要因であり、本来の日本株にポジティブだ。しかし、震災の影響で供給量が激減し、輸出自体が減るため、これを日本はメリットにできないとの見方から、足元の日本株は円安を追い風にできずにいる。むしろ、悪性インフレ発生懸念で、円安、債券安・株安のトリプル安の様相を呈する可能性が高まっている。

 本日の日経平均の想定レンジは9500円~9800円程度。

 高濃度の放射性物質を含む汚染水の流出は止まったとはいえ、福島原発の緊迫した状況に変化はない。これに加え、ロシアが農産物に加え、海産物の輸入を一時禁止し、韓国やEUも検査を強化するなど、放射能汚染による日本経済への影響が日を追うごとに深刻化している。このように、強い米株以外、日本株全体の上値を積極的に追う理由は残念ながら見当たらない状況だ。このような状況で物色されるテーマは、せいぜい、原発の代替エネルギーや、省エネ、節電関連などとみている。

 外資系証券9社の寄り付き前の注文状況は、売り3330万株、買い2480万株、差引き850万株の売り越しと観測。4営業日連続の売り越し。金額(9社)は、売り228億円、買い292億円だという。

 本日の外資系の特徴は、米国系証券は買い越し、欧州系証券は売り越しの会社が目立つもよう。セクター別では、売り:銀行・証券・建設・機械・不動産・自動車・小売・石油・瓦斯・ゴム・精密・通信など。買い:電機・小売・化学・通信・食品・機械・銀行・建設・不動産・REIT・薬品・ゴムなど。(編集担当:佐藤弘)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

<網膜組織>マウスES細胞から、立体構造で作成成功--理研

 さまざまな種類の細胞になる能力をもつマウスの胚性幹細胞(ES細胞)を使い、立体的な構造となっている目の網膜組織を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)が成功した。これまで網膜を構成する個々の細胞組織は作れたが、それらが組み合わさった立体的(三次元的)組織が作成されたのは初めて。まだ治療法のない「網膜色素変性症」など、目が見えなくなる病気の再生治療につながる成果として注目される。

 7日付の英科学誌「ネイチャー」に論文が掲載される。笹井芳樹グループディレクターらは、マウスのES細胞を特殊な培養液で増やす際、約3000個の細胞を直径約1センチのくぼみの中で集める(凝集する)方法を開発。網膜の元になるおわん形の「眼杯(がんぱい)」に似た組織(直径0・2ミリ)を作ることに成功した。さらに培養を続けると、光を受け取る「視細胞」や、情報を伝達する「神経節細胞」など数種の細胞が層状に規則正しく並ぶ網膜の立体構造が再現できた。笹井さんは「凝集する操作によって、細胞がもともと持っている組織形成のプログラムをうまく引き出せた」と話す。

 理研では、高橋政代リーダーらによる別のチームが、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った網膜の一部「網膜色素上皮細胞」を、悪化すると失明する「加齢黄斑変性症」の目に移植して進行を遅らせる研究に取り組んでいる。今後約2年で患者への臨床研究を始める予定だが、この病気などによる失明そのものを治すには、ひとつの種類の細胞移植だけでは無理で、12~15年は研究が必要と考えられてきた。今回の成果を受け、高橋さんは「網膜の組織ができたことで、移植への難関が取り払われた。臨床研究まで6~7年に近づいたのでは」と話している。【野田武】


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

微型投影機の中核技術を独自開発、産業化へ―天津科技大

【新華社=劉海峰】 天津科技大学電子情報・自動化学院の張宝龍教授は、LED高効率自由曲面採光システムなどを開発し、微型投影機の中核技術を外国に頼る中国の現状を打破した。

【その他の写真】

天津科技大学はこのほど複数の電子化学技術企業と、この技術成果を産業化するための産学提携を締結した。張教授を代表とする法人を設立して700万元を調達し、微型投影機の動力モジュールなどの新技術製品の開発・生産に充てる。これらの製品は、携帯、GPS、ノートパソコン、ゲームなどに搭載される。

(編集翻訳 松尾亜美)



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ヒョンビン、海兵隊訓練の夜間射撃で満点

海兵隊に志願入隊した韓国人気俳優ヒョンビンが、浦項(ポハン)の 新兵訓練所で、高い射撃力を見せたことが7日、明らかとなった。

ヒョンビンのプロフィールと写真



 国会国防委員で海兵隊出身である民主党シン・ハギョン議員が、この日海兵隊司令部から提出された資料によると、先月7日海兵隊1137期で訓練所に入所したヒョンビンは現在、5週目の教育を受けているという。

 ヒョンビンは、2週目に化学兵器訓練と戦闘兵生存法などの教育を受け、3週目には空手の基礎訓練と塹壕(ざんごう)、格闘訓練、戦闘水泳などの教育課程を履修した。引き続き遊撃基礎訓練、手榴弾投てき訓練などを受講するという。

 またヒョンビンが、先月28日から今月2日まで行われた訓練4週目の夜間個人火器プログラムで、20点満点を取ったこともわかった。ヒョンビンは、射撃訓練で20発中19発を射撃の的に命中させ、夜間射撃訓練では10発中10発すべて的に当て、特等射手として満点を取ったと、海兵隊側は説明した。

 ヒョンビンは来週、武将行軍と野外で寝る野戦宿営訓練などを経て、15日には海兵隊の象徴である「赤い名札」の授与式で真正な海兵隊となる。

 一方、国防広報支援隊はヒョンビンを「芸能兵士」に選出するという要請はしなかったと海兵隊司令部が明かした。

 司令部側は「ヒョンビンが服務する部隊は、8日に最終決定する予定だが、服務部隊は公開コンピュータ配置を通じて決まるため、まだどこに行くかは予想することができない」とし「有名芸能人の海兵隊服務は、兵役移行の模範になるだろう」と語った。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

微型投影機の中核技術を独自開発、産業化へ―天津科技大

【新華社=劉海峰】 天津科技大学電子情報・自動化学院の張宝龍教授は、LED高効率自由曲面採光システムなどを開発し、微型投影機の中核技術を外国に頼る中国の現状を打破した。

【その他の写真】

天津科技大学はこのほど複数の電子化学技術企業と、この技術成果を産業化するための産学提携を締結した。張教授を代表とする法人を設立して700万元を調達し、微型投影機の動力モジュールなどの新技術製品の開発・生産に充てる。これらの製品は、携帯、GPS、ノートパソコン、ゲームなどに搭載される。

(編集翻訳 松尾亜美)



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ヒョンビン、海兵隊訓練の夜間射撃で満点

海兵隊に志願入隊した韓国人気俳優ヒョンビンが、浦項(ポハン)の 新兵訓練所で、高い射撃力を見せたことが7日、明らかとなった。

ヒョンビンのプロフィールと写真



 国会国防委員で海兵隊出身である民主党シン・ハギョン議員が、この日海兵隊司令部から提出された資料によると、先月7日海兵隊1137期で訓練所に入所したヒョンビンは現在、5週目の教育を受けているという。

 ヒョンビンは、2週目に化学兵器訓練と戦闘兵生存法などの教育を受け、3週目には空手の基礎訓練と塹壕(ざんごう)、格闘訓練、戦闘水泳などの教育課程を履修した。引き続き遊撃基礎訓練、手榴弾投てき訓練などを受講するという。

 またヒョンビンが、先月28日から今月2日まで行われた訓練4週目の夜間個人火器プログラムで、20点満点を取ったこともわかった。ヒョンビンは、射撃訓練で20発中19発を射撃の的に命中させ、夜間射撃訓練では10発中10発すべて的に当て、特等射手として満点を取ったと、海兵隊側は説明した。

 ヒョンビンは来週、武将行軍と野外で寝る野戦宿営訓練などを経て、15日には海兵隊の象徴である「赤い名札」の授与式で真正な海兵隊となる。

 一方、国防広報支援隊はヒョンビンを「芸能兵士」に選出するという要請はしなかったと海兵隊司令部が明かした。

 司令部側は「ヒョンビンが服務する部隊は、8日に最終決定する予定だが、服務部隊は公開コンピュータ配置を通じて決まるため、まだどこに行くかは予想することができない」とし「有名芸能人の海兵隊服務は、兵役移行の模範になるだろう」と語った。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

<福島第1原発事故>「原子力村」というところ

 ◇学者集落は200~300人 「危ない」言えない雰囲気 規制値3000倍でも「安全」

 東日本大震災の発生から間もなく1カ月。今も福島第1原発から放射性物質が漏れ続け、テレビは連日、東京電力、経済産業省の原子力安全・保安院の会見を映し出す。でもなぜだろう。見れば見るほどよく分からなくなり、不信感が増す。会見場に足を運び、「原子力村」について考えてみた。【宍戸護、写真も】

 ◇専門分化、反原発警戒で排他 一般の知識人との交流必要

 1日の東電会見。JR新橋駅に近い本店3階の大ホールは、200人はゆうに入れる広さで、記者100人ほどが詰めかけていた。節電のため廊下は真っ暗だが、ここは明るい。松本純一原子力・立地本部長代理が中央に立ったまま説明を始める。左右の席には原子力設備管理部の課長4人。さらにその脇で数人の社員がひたすらメモを取る。

 連日テレビで見る東電社員をしげしげと眺めると、小林照明課長はサラサラヘア、居並ぶ課長たちも知的な雰囲気、松本本部長代理は品が良い。

 記者 津波の規模が想定外だったと繰り返しているが、2005年に市民団体が、想定された津波の高さは低すぎると、当時の社長に申し入れをしている。

 松本氏 申し入れがあったとは把握しています。

 記者 想定外としたのは、申し入れは取り上げるに当たらないと判断した?

 松本氏 津波対策につきましては土木学会さんのほうで評価指針が作られておりまして、日本全国のどの原子力発電所もその評価指針に基づいて津波の評価を行い、安全性、健全性の確認をしてきました。その結果、福島第1では5・7メートルという評価をしていただいた。考えられないといいますか、当時といたしましては私どもはそういったプロセスを踏んだ結果として評価をしておりましたので、こんなに大きな津波が起こって、海水系のポンプが全滅するというところまでは考えておりませんでした。

 --それって市民団体の申し入れは無視したってことでは? 驚いているうちに、質疑は続く。

 記者 多重防護ができていないという意味では、人災だという指摘があります。

 松本氏 私どもが多重防護で考えておりましたのは、一般的な原子力発電所で申しますと、非常用発電機などは少なくとも3、2系統用意しておりまして、1系統が故障して使用できない場合でも、他がバックアップし事故の拡大を防ぐ設計で運用してきました。しかし、今回のように津波で複数の系統が全て機能喪失するということは考えていなかったということです。

 --多重防護ができていないとも、人災とも答えない。松本本部長代理は滑らかな口調だったが、合点がいかない。

 会見後、会場にいた仏国営放送の記者にテレビカメラを向けられ、いきなりこう質問された。「あなたは東電が情報を隠していると思いませんか」

 海外からもそう見られているんだ……。

    ■

 「原子力の専門家は完全な身内社会です」。断言するのは、原発推進派でありつつ「地震で倒れる原発はダメだ」という立場を堅持する武田邦彦・中部大学教授。東大卒業後、民間企業で約20年間、原発の燃料であるウランの濃縮に携わり、昨春まで原子力安全委員会専門委員も務めた。「原子力の専門家を育てる大学は、東大を頂点に旧帝国大や一部の私立大学に限られている。ざっくりというと、僕ら原子力村の学者集落は200~300人。みんな顔見知りですよ。民間企業も含め原子力産業の中核になる仕事に携わる人は、数千人くらいでしょう」と武田教授。当然東電内でも、東大卒の武藤栄副社長を筆頭に「原子力村」は一大勢力と言われる。

 1956年、原子力基本法などいわゆる原子力3法が施行され、原子力の開発、利用は始まる。基本法2条では「民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとしその成果を公開」するとしており、これが今も原則だ。当初「夢のエネルギー」ともてはやされたが、79年の米スリーマイル島原発事故をきっかけに、世論は賛成派と反対派のまっ二つに。武田教授は「原子力関係者は常に賛成、反対を問われ、何が何でも賛成か、絶対反対に突き進む。原子力村にいると『原発は危ない』と言いにくい雰囲気ができ、そこにみんなのみ込まれていく」と語る。

 一例として、海水から法令基準の約3000倍の放射性ヨウ素が検出されたという東電の発表(3月30日)に対し、「健康に被害がない」とした保安院の姿勢を挙げる。武田教授は「(官僚主体の)保安院だけでは判断できない。原子力の専門家の助言が当然ある」としたうえで、「ならば何倍ならば危険なのか。規制値の3倍とか10倍ならば安全だと言うのは分からないではないが、3000倍で安全とは、世間の常識とかけ離れている」。

    ■

 前東大学長の小宮山宏・三菱総合研究所理事長(化学システム工学)は「研究者はどこの分野でも針のように専門分化していくが、原子力の専門家は反原発運動への警戒感もあり、その傾向が特に強かった。結局、ほかの科学者、技術者に門戸を閉じ、タコツボ化してしまった」と語る。

 現在、小宮山さんは東電の社外監査役も務めている。「原子力村の人たちだけが『原子力は絶対に安全』と唱えても、世の中には浸透しない。これまではそれでも原発は推進されてきたが、今後は違う。車だって、利用者の客観的な評価や評論家の意見が広まって、安全だと認められる。原子力の専門家は原子力村に閉じこもるのではなく、一般の科学者、技術者、医師、文系の知識人との交流が必要だ。例えば、トヨタ自動車の安全担当の技術者との交流を通して、自らの考えを修正し知見を広げる。相手には原子力の知識を共有してもらう。村に閉じこもっていてはダメだ」

    ■

 東電会見をのぞいた同じ日、保安院の会見にも足を運んだ。西山英彦審議官が記者の質問に答えるなか、後ろに控える職員の一人が一瞬コクリとして、手元の書類を持ち直していた。不眠不休で疲れているのか、緊張感がうせてしまったのだろうか。

 記者 原子炉は、今の状態から逆戻りして炉心溶融することは絶対にない?

 西山氏 絶対ということは、どんな場面でもなかなか難しいのですが、そうならないようにベストを尽くしています。

 なんとも言えない歯切れの悪さ……より不安が増してくるのは、私だけだろうか。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

韓国の1~3月部品貿易、黒字額が過去最高

 【ソウル7日聯合ニュース】知識経済部は7日、1~3月の部品・素材輸出が前年同期比18.3%増の610億ドル(5兆2100億円)になったと発表した。輸入は同21.1%増の410億ドル。貿易黒字は200億ドルとなり、4半期別では過去最高を記録した。
 輸出を分野別で見ると、建設機械部品など一般機械部品が同36.4%増、熱間圧延などの1次金属が同36.3%増加するなど貿易黒字拡大に寄与した。
 輸入は1次金属(31.7%増)、有機化学物など化学物および化学製品(21.7%増)などの増加が目立った。
 地震の影響が注目された対日貿易では、輸出入ともに増加。対日貿易赤字は、前年同期比で微増した。
 対日輸出は同34.5%増の39億ドル。化学物および化学製品(48.1%増)、一般機械部品(41.1%)などが大きく増加した。
 対日輸入は同12.8%増の97億ドル。化学物および化学製品(22.7%増)、電子製品(18.6%)などの増加が目立った。
 対日貿易赤字は同2億ドル増の58億ドル。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

サムスンと住友化学、大邱市と工場設立の投資協約

 【ソウル7日聯合ニュース】サムスンLEDと日本の住友化学が大邱・城西5次先端産業団地にサファイア基板を生産する合弁工場を設立する。大邱市は7日、こうした内容の投資協約を両社と締結した。
 サムスンが大邱に投資するのは、サムスン商用車が撤退した2000年以来11年ぶり。
 工場は団地内の11万719平方メートルの敷地に建てられる。投資規模は4600億ウォン(約360億円)。10月に完工し、来年から本格的に稼動する計画だ。20日に着工式が行われる。
 サファイア基板は、発光ダイオード(LED)市場の成長とともに需要が増えており、安定的な需給がLED事業の競争力となっている。
 大邱市は、今回の工場誘致が、伝統産業から脱し高付加価値産業の生産拠点に生まれ変わる契機になると期待している。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

米国の若者に「水タバコ」が人気、専門家は健康リスクを指摘

 [ローリー(米ノースカロライナ州) 6日 ロイター] 熱したタバコの葉から出る煙をガラス瓶の水を通してパイプで吸い込む「水タバコ」が、米国の若者の間で人気を集めている。米ウェイクフォレスト大学バプティスト医療センターが行った調査で明らかになった。

 同センターは、ノースカロライナ州にある大学8校に通う学生3770人を対象に、オンラインで調査を実施。それによると、「水タバコを試したことがある」との回答は全体の40%に達した。紙巻きタバコについては、47%が試したことがあると答えた。また「日常的に水タバコを吸っている」と回答した学生のうち、22%は紙巻きタバコを試したことがないことも明らかになった。

 一方で、調査を指揮したエリン・サトフィン准教授は「若者の多くは水タバコの安全性について間違った理解をしている」と述べ、中には紙巻きタバコよりも害は少ないと誤解している人もいると指摘。水タバコは他のタバコに比べ深く吸い込む傾向にあることから、やに、一酸化炭素、重金属、発がん性のある化学物質など有害物質を含んでいると警告した。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

<福島第1原発事故>「原子力村」というところ

 ◇学者集落は200~300人 「危ない」言えない雰囲気 規制値3000倍でも「安全」

 東日本大震災の発生から間もなく1カ月。今も福島第1原発から放射性物質が漏れ続け、テレビは連日、東京電力、経済産業省の原子力安全・保安院の会見を映し出す。でもなぜだろう。見れば見るほどよく分からなくなり、不信感が増す。会見場に足を運び、「原子力村」について考えてみた。【宍戸護、写真も】

 ◇専門分化、反原発警戒で排他 一般の知識人との交流必要

 1日の東電会見。JR新橋駅に近い本店3階の大ホールは、200人はゆうに入れる広さで、記者100人ほどが詰めかけていた。節電のため廊下は真っ暗だが、ここは明るい。松本純一原子力・立地本部長代理が中央に立ったまま説明を始める。左右の席には原子力設備管理部の課長4人。さらにその脇で数人の社員がひたすらメモを取る。

 連日テレビで見る東電社員をしげしげと眺めると、小林照明課長はサラサラヘア、居並ぶ課長たちも知的な雰囲気、松本本部長代理は品が良い。

 記者 津波の規模が想定外だったと繰り返しているが、2005年に市民団体が、想定された津波の高さは低すぎると、当時の社長に申し入れをしている。

 松本氏 申し入れがあったとは把握しています。

 記者 想定外としたのは、申し入れは取り上げるに当たらないと判断した?

 松本氏 津波対策につきましては土木学会さんのほうで評価指針が作られておりまして、日本全国のどの原子力発電所もその評価指針に基づいて津波の評価を行い、安全性、健全性の確認をしてきました。その結果、福島第1では5・7メートルという評価をしていただいた。考えられないといいますか、当時といたしましては私どもはそういったプロセスを踏んだ結果として評価をしておりましたので、こんなに大きな津波が起こって、海水系のポンプが全滅するというところまでは考えておりませんでした。

 --それって市民団体の申し入れは無視したってことでは? 驚いているうちに、質疑は続く。

 記者 多重防護ができていないという意味では、人災だという指摘があります。

 松本氏 私どもが多重防護で考えておりましたのは、一般的な原子力発電所で申しますと、非常用発電機などは少なくとも3、2系統用意しておりまして、1系統が故障して使用できない場合でも、他がバックアップし事故の拡大を防ぐ設計で運用してきました。しかし、今回のように津波で複数の系統が全て機能喪失するということは考えていなかったということです。

 --多重防護ができていないとも、人災とも答えない。松本本部長代理は滑らかな口調だったが、合点がいかない。

 会見後、会場にいた仏国営放送の記者にテレビカメラを向けられ、いきなりこう質問された。「あなたは東電が情報を隠していると思いませんか」

 海外からもそう見られているんだ……。

    ■

 「原子力の専門家は完全な身内社会です」。断言するのは、原発推進派でありつつ「地震で倒れる原発はダメだ」という立場を堅持する武田邦彦・中部大学教授。東大卒業後、民間企業で約20年間、原発の燃料であるウランの濃縮に携わり、昨春まで原子力安全委員会専門委員も務めた。「原子力の専門家を育てる大学は、東大を頂点に旧帝国大や一部の私立大学に限られている。ざっくりというと、僕ら原子力村の学者集落は200~300人。みんな顔見知りですよ。民間企業も含め原子力産業の中核になる仕事に携わる人は、数千人くらいでしょう」と武田教授。当然東電内でも、東大卒の武藤栄副社長を筆頭に「原子力村」は一大勢力と言われる。

 1956年、原子力基本法などいわゆる原子力3法が施行され、原子力の開発、利用は始まる。基本法2条では「民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとしその成果を公開」するとしており、これが今も原則だ。当初「夢のエネルギー」ともてはやされたが、79年の米スリーマイル島原発事故をきっかけに、世論は賛成派と反対派のまっ二つに。武田教授は「原子力関係者は常に賛成、反対を問われ、何が何でも賛成か、絶対反対に突き進む。原子力村にいると『原発は危ない』と言いにくい雰囲気ができ、そこにみんなのみ込まれていく」と語る。

 一例として、海水から法令基準の約3000倍の放射性ヨウ素が検出されたという東電の発表(3月30日)に対し、「健康に被害がない」とした保安院の姿勢を挙げる。武田教授は「(官僚主体の)保安院だけでは判断できない。原子力の専門家の助言が当然ある」としたうえで、「ならば何倍ならば危険なのか。規制値の3倍とか10倍ならば安全だと言うのは分からないではないが、3000倍で安全とは、世間の常識とかけ離れている」。

    ■

 前東大学長の小宮山宏・三菱総合研究所理事長(化学システム工学)は「研究者はどこの分野でも針のように専門分化していくが、原子力の専門家は反原発運動への警戒感もあり、その傾向が特に強かった。結局、ほかの科学者、技術者に門戸を閉じ、タコツボ化してしまった」と語る。

 現在、小宮山さんは東電の社外監査役も務めている。「原子力村の人たちだけが『原子力は絶対に安全』と唱えても、世の中には浸透しない。これまではそれでも原発は推進されてきたが、今後は違う。車だって、利用者の客観的な評価や評論家の意見が広まって、安全だと認められる。原子力の専門家は原子力村に閉じこもるのではなく、一般の科学者、技術者、医師、文系の知識人との交流が必要だ。例えば、トヨタ自動車の安全担当の技術者との交流を通して、自らの考えを修正し知見を広げる。相手には原子力の知識を共有してもらう。村に閉じこもっていてはダメだ」

    ■

 東電会見をのぞいた同じ日、保安院の会見にも足を運んだ。西山英彦審議官が記者の質問に答えるなか、後ろに控える職員の一人が一瞬コクリとして、手元の書類を持ち直していた。不眠不休で疲れているのか、緊張感がうせてしまったのだろうか。

 記者 原子炉は、今の状態から逆戻りして炉心溶融することは絶対にない?

 西山氏 絶対ということは、どんな場面でもなかなか難しいのですが、そうならないようにベストを尽くしています。

 なんとも言えない歯切れの悪さ……より不安が増してくるのは、私だけだろうか。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ホルムアルデヒドが地球生命を生んだ?

お知らせ:
東日本大震災のインターネット募金にご協力を
ログイン
IDでもっと便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌トップ 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        ホルムアルデヒドが地球生命を生んだ?ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 4月7日(木)19時28分配信  最新の研究によると、地球上の生命は、小惑星や彗星が運んだ“毒”のおかげで誕生したという。この毒性物質は無色の気体「ホルムアルデヒド(CH2O)」。水溶液の「ホルマリン」は、建材や消毒薬、防腐液など、さまざまな産業製品に利用されている。

         化学工場を除けば、地球上でホルムアルデヒド分子の状態は長続きしない。ほかの化学物質と容易に反応するためだ。人間にとって有害物質なのでありがたい性質といえる。

         研究チームの一員でワシントンD.C.にあるカーネギー研究所の化学者ジョージ・コーディー氏は、「さまざまな代謝反応を妨げる有害物質だ。極めて重要な体内タンパク質の機能を阻害する」と話す。アメリカ環境保護庁(EPA)によると、呼吸障害、吐き気、眼や皮膚の炎症などを引き起こすとされている。動物実験を通じて、発がん性も明らかになっている。

         地球の大気にはほとんど含まれていないが、宇宙では珍しくない分子である。コーディー氏は、「水素や水分子ほど普遍的ではないが、天の川銀河内に広く存在している。探そうと思えば、どこででも見つけられるはずだ」と語る。

        ◆ホルムアルデヒドが有機物を生成?

         宇宙に比較的豊富に存在し、反応性が極めて高いホルムアルデヒドに目を付けたコーディー氏らは、「小惑星や彗星の内部には炭素を豊富に含んだ複雑な有機分子が存在する。その生成過程にホルムアルデヒドは重要な役割を果たしている」という仮説を立てた。

         小惑星や彗星などの天体は、炭素や水をはじめ、生命の進化に欠かせない物質を原始の地球にもたらしたと考えられている。

         研究チームは仮説を検証するため、ホルムアルデヒドを基材として、隕石の内部から発見された有機物を合成する実験を行った。隕石は、地球に不時着した小惑星の欠片である。

         生成されたタール状の物質を分析した結果、対象の隕石物質に非常に近い性質を持っていた。さらに、NASAの彗星探査機スターダストが2004年にビルト第2彗星へのフライバイ(接近通過)で採取した有機物とも相似していることが判明した。

        「太陽系が誕生した時代に、星間ホルムアルデヒドが彗星や小惑星に紛れ込んだと考えられる」とコーディー氏は述べる。時がたつにつれ、ホルムアルデヒドは化学反応して複雑な有機分子を構成するようになった。

         有機分子を抱えた彗星や小惑星が原始地球に衝突し、炭素を豊富に含む貴重な“積み荷”が後に残された。

        ◆溶融状態の地球で炭素が生き残ったのは“毒”のおかげ

         およそ44億5000万年前、火星ほどの大きさの天体が原始地球に衝突し月が誕生した。その後の地球はほとんど溶融状態であったと考えられる。地球が高温で液化している間、水素や水、炭素などの軽元素・軽分子は即座に気化して宇宙に放出される。

        「この時期に地球へ衝突した彗星や小惑星に含まれる炭素が、ホルムアルデヒドのような単純な有機化合物分子の形だったら、やはりすぐに気化してしまっただろう」。しかし、長い間に宇宙で複雑な有機物へと変化していれば、気化する運命を避けられるだけの重さを持つようになる。

         コーディー氏の研究チームは実験で、ホルムアルデヒドを基材とした有機物を摂氏1400度の高温で加熱してみたが、変化は見られなかった。

         他方、炭素を基材としたほかの重合体(ポリマー)に同じ加熱実験を行ったところ、単純な分子に分解して気化してしまった。

         コーディー氏は次のように説明する。「ホルムアルデヒドは重い有機物を形成して、“しがみつく”能力を炭素に与えた。炭素は内太陽系の激動の時代を生き延びることができたのだ」。

         今回の研究成果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌オンライン版に4月4日付けで掲載されている。

        Ker Than for National Geographic News


        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

ホルムアルデヒドが地球生命を生んだ?

お知らせ:
チャリティーオークションで被災地を支援しよう
ログイン
IDでもっと便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌トップ 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        ホルムアルデヒドが地球生命を生んだ?ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 4月7日(木)19時28分配信  最新の研究によると、地球上の生命は、小惑星や彗星が運んだ“毒”のおかげで誕生したという。この毒性物質は無色の気体「ホルムアルデヒド(CH2O)」。水溶液の「ホルマリン」は、建材や消毒薬、防腐液など、さまざまな産業製品に利用されている。

         化学工場を除けば、地球上でホルムアルデヒド分子の状態は長続きしない。ほかの化学物質と容易に反応するためだ。人間にとって有害物質なのでありがたい性質といえる。

         研究チームの一員でワシントンD.C.にあるカーネギー研究所の化学者ジョージ・コーディー氏は、「さまざまな代謝反応を妨げる有害物質だ。極めて重要な体内タンパク質の機能を阻害する」と話す。アメリカ環境保護庁(EPA)によると、呼吸障害、吐き気、眼や皮膚の炎症などを引き起こすとされている。動物実験を通じて、発がん性も明らかになっている。

         地球の大気にはほとんど含まれていないが、宇宙では珍しくない分子である。コーディー氏は、「水素や水分子ほど普遍的ではないが、天の川銀河内に広く存在している。探そうと思えば、どこででも見つけられるはずだ」と語る。

        ◆ホルムアルデヒドが有機物を生成?

         宇宙に比較的豊富に存在し、反応性が極めて高いホルムアルデヒドに目を付けたコーディー氏らは、「小惑星や彗星の内部には炭素を豊富に含んだ複雑な有機分子が存在する。その生成過程にホルムアルデヒドは重要な役割を果たしている」という仮説を立てた。

         小惑星や彗星などの天体は、炭素や水をはじめ、生命の進化に欠かせない物質を原始の地球にもたらしたと考えられている。

         研究チームは仮説を検証するため、ホルムアルデヒドを基材として、隕石の内部から発見された有機物を合成する実験を行った。隕石は、地球に不時着した小惑星の欠片である。

         生成されたタール状の物質を分析した結果、対象の隕石物質に非常に近い性質を持っていた。さらに、NASAの彗星探査機スターダストが2004年にビルト第2彗星へのフライバイ(接近通過)で採取した有機物とも相似していることが判明した。

        「太陽系が誕生した時代に、星間ホルムアルデヒドが彗星や小惑星に紛れ込んだと考えられる」とコーディー氏は述べる。時がたつにつれ、ホルムアルデヒドは化学反応して複雑な有機分子を構成するようになった。

         有機分子を抱えた彗星や小惑星が原始地球に衝突し、炭素を豊富に含む貴重な“積み荷”が後に残された。

        ◆溶融状態の地球で炭素が生き残ったのは“毒”のおかげ

         およそ44億5000万年前、火星ほどの大きさの天体が原始地球に衝突し月が誕生した。その後の地球はほとんど溶融状態であったと考えられる。地球が高温で液化している間、水素や水、炭素などの軽元素・軽分子は即座に気化して宇宙に放出される。

        「この時期に地球へ衝突した彗星や小惑星に含まれる炭素が、ホルムアルデヒドのような単純な有機化合物分子の形だったら、やはりすぐに気化してしまっただろう」。しかし、長い間に宇宙で複雑な有機物へと変化していれば、気化する運命を避けられるだけの重さを持つようになる。

         コーディー氏の研究チームは実験で、ホルムアルデヒドを基材とした有機物を摂氏1400度の高温で加熱してみたが、変化は見られなかった。

         他方、炭素を基材としたほかの重合体(ポリマー)に同じ加熱実験を行ったところ、単純な分子に分解して気化してしまった。

         コーディー氏は次のように説明する。「ホルムアルデヒドは重い有機物を形成して、“しがみつく”能力を炭素に与えた。炭素は内太陽系の激動の時代を生き延びることができたのだ」。

         今回の研究成果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌オンライン版に4月4日付けで掲載されている。

        Ker Than for National Geographic News


        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

徹底調査:モノが消えた(7) 納豆とヨーグルト今も品薄、意外な理由

 震災の影響により首都圏の小売店で品薄になっていた商品も、徐々に数が戻ってきた。一方で、いまだに店頭でお目にかかれないものもある。代表格が納豆とヨーグルトだ。

 東日本の物流網は徐々に回復し、被災した生産工場も再開しつつあるが、資材不足や計画停電、さらには福島第1原子力発電所の事故による放射性物質の拡散が、生産の本格化にブレーキをかけている。

■フィルムなしの生産はかえって効率落ちる

 東日本大震災からおよそ1か月。2011年4月7日の正午過ぎに、都内スーパーを訪ねてみた。震災直後は売り切れが続出したコメや牛乳、卵、カップめんといった品は豊富にそろっている。しかし当初から品薄だった納豆はひとつも見当たらず、ヨーグルトも数が少なかった。別のスーパーでは3パック入り納豆が2つだけ残っていた。

 東北自動車道をはじめ、地震発生当初から寸断されていた道路の開通が進んできた。東北新幹線など鉄道網も徐々に回復、被災した港も物資の取り扱いが可能となるところが増え、首都圏のモノ不足の元凶だった「流通ルートの断絶」は改善されてきた。それでも納豆とヨーグルトが品薄なのは事情がある。

 納豆の場合、原料となる大豆の確保は大きな問題ではない。だが出荷の際に欠かせない、納豆パックを包むフィルムや、納豆の上にかぶせる透明の薄いフィルムが不足しているのが増産の障害になっている。包装フィルムは石油製品だが、千葉県市原市や茨城県神栖市の石油化学コンビナートが火災や液状化で操業停止に追い込まれたのが響いている。納豆メーカー大手のタカノフーズ広報に聞くと、震災直後からストップしていた茨城県や宮城県の生産工場が稼働率50%にまで戻している一方、包装フィルムの不足で「一気にフル生産に持っていけない状態」だという。

 納豆の上にかける薄いフィルムは、「取り除いて出荷すると納豆がカラカラに乾いてしまう」ため、どうしても必要だ。別の素材を使おうにも、なかなか適したものが見つからないと説明する。包装フィルムも代替え素材を検討、また包装フィルムを使わずに、原材料表示や大豆の産地をパックに直接印字して出荷してはとの提案が出たが、いずれの場合も生産ラインの機械の調整が必要になり、手間がかかるうえ生産効率も落ちる。費用面も無視できない。当面は、フィルムの入手状況をにらみながら生産、出荷を調節することになりそうだ。

■原乳の出荷制限「影響小さくない」

 ヨーグルトの場合は、計画停電が妨げとなっている。乳製品メーカー大手、明治の広報によると、製造過程で重要となる発酵や冷蔵の際、途中で停電が起きると温度調節ができなくなり、品質にかかわる。機器の洗浄などを含めると、これらの工程にはおよそ半日を要するため、計画停電が数時間でも実施されればその日の生産は中止せざるをえない。停電の有無が前日に分かったとしても「従業員の勤務割をすぐに組めるわけではなく、生産計画を立てるのも難しい」というのが実情だ。

 東京電力は、4月10日までの計画停電実施見送りを明らかにしている。気温の上昇で暖房需要が減り、火力発電所の復旧で電力供給量も若干回復したため、4月末で計画停電をいったん打ち切るとも報じられている。だがヨーグルトの生産は「計画停電がなくなったとしても、見通しを立てづらい」(明治広報)ようだ。納豆同様、容器をはじめ出荷に欠かせない資材も入手が困難になっていることや、原乳の供給も正常化していないのが大きい。特に原乳は、福島県や茨城県産から食品衛生法上の暫定規制値を超える放射性物質が検出され、出荷制限の対象になっていることも、「影響は小さくありません」と話す。

 メーカー側の生産態勢は改善しており、出荷量も徐々に増えていくと見られるが、すぐに震災前の状態に戻るわけではなさそうだ。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

高崎の中華料理店が「アウトドア作戦」-「計画停電」インバーターで乗り切る /群馬

 高崎の老舗中華料理店「萬来軒別館」(高崎市請地町、TEL 027-322-4686)店主の池谷成就さんが、「計画停電の備えにインバーターのシステムを」と呼びかけている。(高崎前橋経済新聞)

【画像】 「小さな変電所」は店の隅に

 同店は1926(大正15)年創業の老舗中華料理店「萬来軒」の別館で、食事・出前・宴会と幅広いニーズに対応する。「化学調味料を一切使わず、鶏ガラスープをベースにした料理にこだわる」(池谷さん)店だ。

 3月11日、高崎も震度5強の揺れに見舞われた。地震後、「今まで経験したことのない揺れと津波の被害の大きさに圧倒された」という池谷さんに今度は計画停電が襲いかかった。

 「休んでしまうのは簡単だが、通常通りとはいかなくても何とか営業したかった。電気工事の資格を持つ知人に相談したら、バッテリーとインバーターがあれば照明をつけられると言うので、急いでバッテリーとインバーター(300ワット)、LED電球を買いに走った」

 LED電球は従来の20ワット位の大きさのものでも消費電力は7ワット程度。300ワットのインバーター1台で6個のLED電球を点灯した上に、電話が使えた。これならいけると、調理場の照明と窓用換気扇2台を動かすためにバッテリーと400ワットのインバーターを追加した。

 インバーターは直流電力を交流電力に変える変換機で、キャンプなどで使われることが多く、アウトドアグッズの売り場で手に入る。電気の配線作業は有資格者でないと行えない。同店の配線を行った岡村浩さん(IOS FACTORY=安中市)は「自宅では太陽光で発電した電気を車のバッテリーに蓄え、パソコンなどの電源として使用している。オフィス対策も可能だが、バッテリーの扱いには注意が必要」と話す。

 計画停電回避を目指し関係機関で検討が続いているが、池谷さんは「軽自動車用のバッテリーが4,000円、インバーター(300ワット)が2,000円、充電器は1万円以上するが、これくらいの投資で停電を乗り切れれば安いもの。停電は起きないとも限らないのでおすすめ」と力を込めるも、「エアコンまでは無理」と、夏の計画停電を憂う。

 メニューはランチ(650円~)を含め約50種類、出前メニューも約50種類。営業時間は11時30分~14時、17時~20時45分。月曜定休。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス

Author:physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。