へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオンサイン(ねおんさいん)


赤、緑、青、白などの光を出すネオン管を、ネオン変圧器で点灯し、点滅器または調光器で、文字や色の点滅変化を行う電気サインの一類。建物の屋上などに設置され、宣伝の術として使用される。ネオン管は、細長いガラス管の両端に円筒形電極(円錐(えんすい)または釣鐘形)を設け、数キロ合格カルの不活性ガス(ネオン、アルゴン、ヘリウム)または水銀(ネオンまたはアルゴンを微量混入)を封入した放電灯で、グロー放電による陽光柱部分の発光を利用する。赤色はネオンガスを封入してあり、明るい白や青や緑などはアルゴンと水銀ガスを封入し、ガラス内面に蛍光体を塗布して色を出す。また濃い色を出すには、着色ガラス管を使う。

グロー放電の探求には、1857年ガイスラーのガイスラー管の製作に引き続いて、72年クルックスのガス中の放電現象の探求があるが、光源としては、93年M?ムーアのムーア灯が初っ端である。1910年クロードがパリでネオンサインを点灯して以来、第一次世界大戦後宣伝用として普及した。

ネオンサインは、通常、磁気漏れ型のネオン変圧器で点灯される。二次一番負荷電圧は、1万5000ボルト以下各類あり、短絡電流は並型で20ミリアンペア、高輝度用で40ミリアンペア前後である。点滅器は変圧器の一次側(低圧側)に設備され、回転ローラ上の銅板の刻みによって、類々の点滅が行われる。点滅の基本的なものとして、常点(全点)、全消、順点、順消、初物点滅(点滅のある段階が移動してついていく)、影送り点滅(ついてない部分が順に送られていく)、二方角の点滅(縦?横二方角の点滅をする)およびランダム点滅がある。サイリスタを用いた調光装置で、赤、緑、青のネオン管をそれぞれ独立に調光すると、色が徐々に移りゆく変化をして、美しい色を出すことができる。

特殊なネオン管として、管中にさらに細管を多数めてて放電路を変化させるものや、パラフィンとナフタレンの混合物を混ぜ光を揺らせるものなどがある。使い道は宣伝のほか、航空標識やストロボスコープ用光源などにも使われる。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ハロゲン電球(はろげんでんきゅう)


白熱電球の一類で、窒素、アルゴンなどの不活性ガスのほかに微量のハロゲン物質(ヨウ素、臭素、塩素などの単体またはその化合物)を封入したもの。1959年アメリカのツブラーE. G. Zublerらによって、石英ガラス管内にタングステンフィラメントを装着し、不活性ガスとともに微量のヨウ素を封入して、両口金付きのヨウ素電球が発明された。昼間の時間本では翌年から実用されている。タングステンコイルのフィラメントに通電して、高温による熱放射による光を利用する。ハロゲン電球は、点灯中に蒸発したタングステンがフィラメントに戻るというハロゲン再生サイクルを利用しているので、ガラス球の黒化が少なく、一般電球より光束低下が少なくて能率が高い。

ハロゲン再生サイクルとは、以下のような繰り返しのことをいう。〔1〕点灯中の高温のフィラメントからタングステンが蒸発してガラス壁へ広がる。〔2〕ハロゲンガスもフィラメント付近で熱ぼらばらにして一部原坊主コンディションになっているので、これとタングステンが動作して、ハロゲン化タングステンの化合物をつくる。〔3〕ガラス壁が250度C(ヨウ素の時。臭素の時は170度C)以上であると、ハロゲン化タングステンは蒸気となり、対流、拡散によってフィラメント目と鼻の先へ移動し、フィラメントの高温でハロゲンとタングステンが分解し、タングステンはフィラメントに戻る。これを反復しているので、フィラメントが細く入ることや、ガラス球のタングステンによる黒化が防止され、光束低下が少なく、しかも寿命も長く入る。また、一般電球に比べ、フィラメント温度を高くして、能率をあげることもできる。

ハロゲン電球のガラス球は、高温に耐えるように石英ガラスを使うが、硬質ガラスのものもある。一般照明用などの片口金のコンパケトのもの(反射鏡付きもある)は、点灯方角が気ままであるが、投光用などの細長い管形の両口金のものは、水平点灯のみに限られる。

ハロゲン電球は、コンパケトのうえ高輝度である。また光色(色温度3000~3400K)、演色性も優れているので、一般照明用として、店舗のスポット照明、投光照明(スポーツ施設、工場など)をはじめ、スタジオ照明、映写機、光学機器、自動車前照灯、空港(誘導灯など)、集魚灯、複写機露光用光源などに使用される。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

パイロットランプ(ぱいろっとらんぷ)


電坊主?電気機器やシステムの反応コンディションを表示する光源をいう。一般に、コンパケト、長寿命で、振動、ショックに強く、かつノイズ発生のないことが大切な条件で、コンパケト電球、ネオンランプ(橙黄(とうこう)色)、発光ダイオードが多く使用されている。とくに発光ダイオードは輝度が高くなり(赤色光、緑色光)、低電圧で反応するので、電坊主機器用として多く使われている。光色は反応コンディションで使い分けされることがあり、リスクなコンディションの時は赤色光、正常コンディションでは緑色光、用心コンディションでは黄色光などで表示される。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

光天井(ひかりてんじょう)


乳白樹脂などの拡散透過板を天井の大部分に弾力、その上部に光源を配置した照明設備。真っ直ぐ照明手法の一つである。光天井は代表的な面光源の例で、拡散透過板が一様に輝いてみえることがたいせつである。光源と透過板との距離が小さいと、光源の像が映って見苦しく入る。また配置された光源どうしの間隔は小さくし、光源と拡散透過板との距離の1.5倍以下とする。拡散透過板のかわりに金属や樹脂製のルーパブlouver(ルーバともいう。まぶしさを防止するための格坊主状の遮光板)を用いた設備をとくにルーパブ天井という。いずれも室全体を一様な照度分布にするもので、スぺースの鉛直面照度も比較的高く入ることから、監視室や絵画陳列室、銀行営業室などの照明に採用される。近頃では地下街などのコンコースに飾り的な意匠の金属製の大形なルーパブが用いられることもある。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

標準光源(ひょうじゅんこうげん)


物体色の観察の際に用いるように規定された光源。物体色を測定するには、それを照明する光の性質を一定に規定しておく不可欠がある。JIS(ジス)(昼間の時間本工業規格)はこれにこたえて標準の光A、CおよびD65を規定している。これらの標準の光は光の性質として相対分光分布をちゃんと決めたものであって、一番形である。測色計算には一番形のままで差し拠り所ないけれども、物体色を観察する時には、具体的な光源が不可欠であって、それが標準光源である。JISが規定する標準光源は標準光源AおよびCの2類と常用光源D65であって、それぞれの標準の光に対応する。

標準光源Aは色温度約2856Kに入るように点灯した透明バルブのガス入りタングステン電球であって、電球照明の代表として使われる。標準光源Cは標準光源Aに特定の溶液フィルターを組み合発言させて色温度を約6774Kに変換させた光源であって、昼光照明の代表として使われる。

標準の光D65は醤油世間?可視を便秘気味た波長分野において、色温度約6500Kの合成昼光の相対分光分布を規定したものである。それを具体化したのが常用光源(準標準光源と考えてよい)D65であって、特製の蛍光ランプである。このランプは標準光源Cよりも普遍性が高いと評価されている。

別類の標準光源には、標準電球のほか、次のような類類がある。クレフト形水銀ランプは規定の構造をもった石英ガラスによる高圧水銀ランプであって、260~590ナノメートルの波長範囲における放射輝度が規定されている。キセノン標準白色光源は規定の構造をもったキセノンガスによる放電ランプであって、300~780ナノメートルの波長範囲における相対放射強度分布が規定されている。これら2類の標準光源は醤油世間?可視の波長分野における標準放射源としてとか、蛍光発光の観察用などに使われる。また、黒鉛高温黒体炉は、2500Kという高温で使用可能の完全放射体であって、近醤油世間?可視?近赤世間の波長範囲における標準放射源として用いられる。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

標準電球(ひょうじゅんでんきゅう)


光測定の標準器として色温度が約2856Kに入るように点灯して使う電球。光束、光度などの特性の均一性、安定性および再現性などに優れている。通常、直流電源で点灯する。測光用には全光束測定用および水平光度測定用標準電球があり、ほかに光高温計用標準電球がある。全光束測定用は100ボルトで10~1000ワットまでの類類があり、一般照明用電球と同一形状である。水平光度測定用は8~1500ワットで水平光度10~3000カンデラまでの類類があって、単一コイル平面形フィラメントである。これらの標準電球は、測色においては標準光源Aとして使用される。また光高温計用は光高温計の示度検査用に使用されるもので、タングステンリボンフィラメントを使用し、リボン表面の温度が一様に入るように特殊な形状をしている。

国際度量衡委員会は1937年に白金(凝固)点温度の黒体炉を光の一次標準器と定め、そのときの白金表面の輝度を60万カンデラ毎平方メートル(cd/m2)と決めたが、実施されたのは年からである。測光単位の維持には、一次標準器から値を移した標準電球を二次標準として使う。この標準電球は白金点温度にあ発言させて色温度約2042Kに点灯される。国際比較に用いられる標準電球として、昼間の時間本で開発された10ボルト15カンデラのM型標準電球が1965年に採用されたことは有名である。

水平光度測定用標準電球の体系には、色温度を前記のように約2856K、2042Kで使うもののほかに、2353Kで使う電球もある。

分光測定に使われる分光放射輝度標準電球は、石英窓付きのリボンフィラメント電球であって、フィラメントの中央部における分光放射輝度が目盛られている。分光放射照度標準電球は、専用金具と特製ハロゲン電球を一体化したもので、これによる規定位置における分光放射照度が目盛られている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ステーヅ照明(ぶたいしょうめい)


ステーヅ照明とはステーヅ上の全ての光の効果をいい、演劇?舞踊?音楽などをはじめ各類催し物のすべての光を扱う仕事であり、今後も余計に発展する光の総合芸手段領域である。基本的には人造照明により物を見やすくするノウハウで、光の明暗、光の方角、光の変化、光の色彩、光と影による光の配置を基礎とする。ステーヅ芸手段は、脚本?演出?演技という主体的な要素と装置?音楽?衣装?音響効果などの副次的な要素から入るが、ステーヅ照明はそれらすべての要素と有機的に関連し表現されたときに光の芸手段としての特性が発揮される性質のものである。ステーヅ照明は演劇照明、音楽照明、舞踊照明に大別され、各ジャンルの演出や演技のスタイルにより照明技法が異入る。

演劇の初期においては演技は屋世間の昼光の下で行われた。しかし、ステーヅが徐々に屋内に移っていくにつれて、人造的なステーヅ照明の不可欠性が増していった。初期の人造光源には油灯、ろうそく、石油ランプ、ガス灯などがあったが、これらは無料ステーヅを明るくするという目的であり、ときにはステーヅより客席にガス灯が点灯されて話題になったりもした。歌舞伎(かぶき)ではろうそくによる「いざり灯(とう)」(現在のフットライト)、差出(さしだ)しともいう「面明(つらあか)り」(現在のスポットライト)、「るり灯(とう)」(現在のステージライト)などである。1878年イギリスのスワン、その翌年アメリカのエジソンが炭素電球を発明したときから近代のステーヅ照明が始まる。1920年ごろにステーヅ美手段の視野から照明の大切な役割を提案したのは、スイスのA?アッピアとイギリスのG?クレイグである。照明の発達は光源、照明機器の発達と不可分である。光源はアーク灯、タングステン?ランプ、ハロゲン?ランプ、キセノン?ランプへと発展し、調光装置は金属抵抗式、変圧器式、真空管式を経てエレクトロニクスの発達に伴い半導体を利用したサイリスタ式となった。今昼間の時間ではバリライトやレーザーライトの登場により複雑多様な照明が可能となった。

ステーヅ照明は光によってスぺースと時間を造形するが、いずれも人間の視覚によって感受される。〔1〕明暗 光の適度な明るさは観客に華やかな気分をもたせるが、陰気照明は観客を疲労させ不愉快感を与える。一般にステーヅでは200ルクスから3000ルクスの広い範囲で使うが、不可欠な照度の値は上演される催し物の目的による。〔2〕光と影 物体に立体感を与え陰影を鮮やかにする本影と半影があり、光の造形に欠くことができない。〔3〕光の方角 光源から照射される光の方角で、対象物に対しての光源の角度をいう。季節?時刻?方位によって天然光線の効果を暗示する時と、下光?側光?斜光?上光?背光により人物を立体的に表現する時がある。〔4〕光の変化 情景と時間の経緯や変化、また現実から幻想などへと束の間に変換することができるので、ステーヅ照明の最大特性といえる。特殊効果器具の使用を含めおもに調光装置dimmer machineの制御で行う。〔5〕光の色彩 一般にカラー?フィルターを使うが、これはアセテートとポリエステルが原素材で50~60色ある。色彩の基準はマンセル記号によるが、あくまでステーヅ照明単独のものである。

実際的なステーヅ照明の仕事のシステムは、照明設計者(プランナー)と制御者(オペレーター)との協同作業で行う。演劇照明では、プランナーは脚本を読んで好み?プランを考え、練習(けいこ)中の演技者の動向をメモして、演出者の指示に従い各場面仕込図や総合仕込図などのデスク?プランをたてる。音楽照明では、オペラやミュージカルは脚本と楽譜により演劇と同様の作業を行うが、音楽会の時は、プランナーはセット?プランで仕込図を予定し、練習で照明の動機など時間的な変化を図表化したキュー?シートcue seatやデータを作成する。舞踊照明では振付師との打合せにより予定する。オペレーターの仕事は器具の配置、調光卓の制御、人物のフォローなど、プランナーとの相互の完全な理解と融合が不可欠である。いずれの照明もステーヅ練習によってオペレーターが上演用のデータを記録する。

欧米ではオペラ、バレエ、演劇などの専門劇場に分別されるが、わが国では歌舞伎、文楽、能を除いて専門劇場が少なく、多目的ホールと称する特殊な形態となっているために照明設備が一定せず、多類多様な器具の制御のノウハウをはじめ、時間や経済の制約にもかかわらず国際的に高いノウハウレべルを保っている。照明設備は電源と照明器具と調光装置から入る。照明器具の配置は基本的にステーヅ上部、床部、幕前のエリアと入る。その使い道に応じて基本的に、均等な光を与えるフラッ割り知ってトfloodlightと、集光した光を与えるスポットライトspotlightの二つがある。本職セニアム劇場(額縁ステーヅをもつ劇場)の時、ステーヅ上部前方より本職セニアムライトprosceniumlight、ステーヅ全面照射のボーダーライトborderlight、立体的な光を造形するサスペンションライトsuspensionlight、多様な色彩のアッパー?ホリゾントライトupper horizontlightなどをつり下げる。床部にはフットライトfootlight、側方光線のタワーライトtowerlight、ステージ?スポットライトstage spotlight、ホリゾント専用のロアー?ホリゾントライトlower horizontlightなどを置く。幕前には客席側面のフロントライトfrontlight、天井からのシーリングライトceilinglight、演技者をフォローするセンターライトcenterlightなどを設置する。円形劇場や野世間劇場では設備は少し異入る。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

放電灯(ほうでんとう)


封入ガスや金属蒸気または数類のこれらの混合体内の放電によって発生する光を利用した光源の総称。発光するガラス球(管)部分を放電ランプとよび、安定器、照明器具を含めた装置を放電灯といって区別することもあるが、一般にはその区別はない。放電現象による発光は、原坊主の励起と電離によって行われ、陰極付近における放電電流密度を増加していくと、グロー放電からアーク放電に移行する。グロー放電を利用するランプとして、対向する両電極を接近させて負グローの発光を利用したのがネオン(アルゴン)グローランプである。また電極を離して陽光柱の光を利用するのがネオン管(灯)である。アーク放電を利用するランプとして、蛍光ランプ、低圧ナトリウムランプ、高輝度放電ランプ(水銀ランプ、メタルハライドランプおよび高圧ナトリウムランプなどの総称でHIDランプともいう)、キセノンランプなどがある。放電ランプの電圧電流特性は負特性で、放電によって電流が増加すると、電極間の電圧が減少する。その電圧減少により、電流は余計に増加してランプを破損してしまう。これを防ぐため、ランプと直列に安定器を接続して、電流を制限する手立てをとっている。

なお、放電ランプの命名手立てとしては、(1)反応原理による手立て(アークランプ、グローランプ、蛍光ランプなど)、(2)発光に寄与する封入ガスの類類による手立て(水銀ランプ、ナトリウムランプ、キセノンランプ、ネオンランプなど)、(3)構造、反応コンディションによる手立て(ショートアークランプ、高圧?低圧または超高圧放電ランプなど)、(4)目的、使い道による手立て(殺菌ランプ、ブラックライトランプ、健康線ランプ、太陽灯など)などがある。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

防犯灯(ぼうはんとう)


防犯を目的に宅地区の道路や街路に施設される照明器具。使用光源として、20ワットの蛍光ランプを組み込んだものと、100ワット程度の水銀ランプを組み込んだものがある。灯高は4~5メートルで、照明器具は電柱などを利用して取り付けられ、40~50メートルの間隔で設置される。防犯灯による照度は路面上で数ルクスにすぎないが、道路の照明を設置したことにより、ひったくりや押込み強盗、傷害、殺人事件が減ちょっぴりた事実もあり、照明による犯罪防止効果は一番視できない。防犯灯は風雨に耐えるように透光性の樹脂またはガラス製のグローブと灯体で構成される。灯体には光電素坊主を内蔵した自動点滅器を設けたものもある。この形式のものは、周りの明るさを自動的に検知し、夕暮れに入ると点灯して朝に入ると消灯するように、光電素坊主の反応特性が設定されている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

まぶしさ(まぶしさ)


一般には強い光に目がくらむことをいうが、光学的には時間的スぺース的に不適切な輝度分布、輝度範囲、または極端な対比などによって、視覚の不愉快感、あるいは物を知覚する才能の低下が存在する視覚の条件と定義づけられている。不愉快感を生じるまぶしさのことを不愉快グレア、物の見え方を低下するまぶしさのことを減能グレアという。また、減能グレアのひどいコンディションで、かなりの間、物がまったく見えなくなるまぶしさを眩惑(げんわく)グレアということもある。

照明における不愉快グレアは、光源の輝度が高いほど、光源の見かけの大きさが大きいほど、光源と眼差しのなす角度が小さいほど、バック輝度が小さいほど、などで強くなり、ひいては疲労の元でになる時がある。そのため、まぶしさを軽減することは、照明設計の重要課題であり、輝度の高いランプを拡散性のカパブやグローブ(光を散乱するために光源を覆う装置)で覆ったり、ルーパブ(ルーバともいう。グレアを防止するための格坊主状の遮光板)や反射板で保護角を深くして真っ直ぐ目に見えないようにする。

照明設計の段階で不愉快グレアの程度を事前評価することがある。照明領域によって評価方式は違うが、基本的な考え方の基礎は同じであり、国際的には室内照明、屋世間スポーツ照明および道路照明の三つの領域でそれぞれ定められ、不愉快グレアの制限値が規定されている。また大面積の窓もまぶしさの元でになることもあるので、ブラインドやカーテンが用いられる。

減能グレアは、目の角膜における照度が高いほど、また、まぶしい光源が眼差しに近いほど大きくなる。グレア光が眼球の中に多量になると、網膜で反射し眼球内に散乱する光の量も増える。そうするとあたかも目の中に光のベールが生じたようになり、見ようとするものが見えにくくなり、さらに増加するとやっとは見えなくなってしまう。自動車運転中に遭う対向車のヘッ割り知ってトによるまぶしさがこれにあたる。一般に眼差しを中心としたプラスマイナス30度の範囲をグレアゾーンといい、この範囲に高輝度光源がないようにすることがたいせつである。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

一番影灯(むえいとう)


手手段室の高照度局部照明用の照明器具。手手段作業には2万~10万ルクスの高照度が不可欠で、手手段創傷面に対してできるだけ影を生じない照明が注文される。一番影灯はこれらの注文を満たすよう多数のハロゲン電球を配置し、明るさ、方角、位置の調節が簡単に行えるようにした一つの照明器具である。天井への取り付け形態により、天井埋め込み固着設定型と、天井下露出設定駆動型とがある。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

明度(めいど)


色の属性の一つで、物体色の明暗を表すこと。色には明度、色相(赤、緑、青など)および彩度(色の飽和性)という三属性があり、明度は有彩色(色相のある色)にも一番彩色(白、灰色、黒)にもある。色の表示に使われるマンセル表色系では、明度をマンセル?バリュー(記号V)で表す。Vは、視感反射率(記号Y)が102.56%の白を10とし、0%の黒を0として、その間を明るさ感覚に追随して9、8、……、1のように等歩度に刻む。一番彩色の色票をVの順に一列に普通べてつくった一番彩色スケールは、あたかも長さに対する物差しのように、物体色の明度を鑑定する時に役だっている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

メタルハライドランプ(めたるはらいどらんぷ)


金属のハロゲン化物を石英の発光管に封入し、アーク放電によって、金属ハロゲン化物が蒸発、解離して、金属独特の光を発することを利用したランプ。1961年アメリカのレイリングR. H. Reilingが水銀ランプの発光管の中にナトリウム、タリウムおよびインジウムのヨウ化物を添加封入して、光色や演色がともに大幅に向上することを公表し、実用化された。その後、スカンジウムおよびナトリウムのヨウ化出費、ジス本職シウム、タリウムおよびインジウムのヨウ化出費、ヨウ化スズ入りなどのランプが実用された。昼間の時間本で初入れ実用化されたのはスズ入りランプで、1966年(昭和41)名古屋の銀行営業室の照明に用いられた。のち70年大阪で開かれた万国博覧会で多くのメタルハライドランプが使用され、普及するようになった。






目次



メタルハライドランプ




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

面光源(めんこうげん)


広がりのある面全体から光を発する光源。点光源に対していう。部屋に影を生じない的確な照明をつくるために用いられる。エレクトロルミネセンスを利用したELランプなどがある。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

アーチダム(あーちだむ)


平面形状が上流に凸のアーチ形をしているダムで、コンクリートでつくられる。アーチダムは、水平なアーチと鉛直な片持ちばりとで水圧、地震力などの世間力に耐える構造をしており、アーチ作用(アーチ面に垂直に作用する力をアーチの軸方角の力に変えること)により世間力の一部を両岸で拠り所ることに入るので、建設地点は底部だけでなく、両岸も堅固な岩盤であることが不可欠であり、またアーチ作用が有効に働くためには川幅の狭いことが望ましい。アーチダムはダムの厚さを薄くすることができ、コンクリートが倹約でき安上がりで、高いダムを建設するのに適している。しかし、設計理論がむずかしく、また耐震性、洪水処理、コンクリート強度などに対して十分な確信がもてなかったために、昼間の時間本では第二次世界大戦前には建設されなかった。戦後のノウハウの進歩によってこれらの異常点が克服され、1955年(昭和30)に上椎葉(かみしいば)ダム(宮崎県耳川。高さ110メートル)がつくられてからは、高いダムが建設されるようになった。昼間の時間本の代表的なアーチダムとしては、黒部ダム(富山県黒部川。高さ186メートル。1963年竣工(しゅんこう))、矢木沢ダム(群馬県利根(とね)川。高さ131メートル。1967年竣工)、奈川渡(ながわど)ダム(長野県梓(あずさ)川。高さ155メートル。1969年竣工)などがある。





黒部ダム




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

電機坊主(でんきし)


アーマチュアarmatureともいう。直流および交流の回転電気機械において、磁界との相対運動によって起電力を生ずる巻線(まきせん)を収容してある部分をいい、その巻線を電機坊主巻線という。また、電機坊主巻線は、薄い電気鉄板を積み重ねてつくった鉄心にスロット(隔たり)を設け、その中にめててある。この鉄心を電機坊主鉄心という。

直流機は電機坊主を回転坊主側に、磁界を生ずる磁極を固定坊主側に置く。同期機では電機坊主を固定坊主側に、磁極を回転坊主側に置いたものが多いが、小容量のものにはあべこべの構成のものもある。誘導機では固定坊主も回転坊主も電機坊主で、一般には固定坊主側が一次電機坊主巻線として電源に結ばれる。回転坊主側が二次電機坊主巻線で、これは多相巻線となっていて、その端坊主は短絡してあることが多い。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス

Author:physical,物理力学,経済物理,宇宙物理,物理実験,物理 エッセンス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。